人気ブログランキング |

表参道ヒルズ・同潤館のギャラリーからの「展覧会情報」,「貸し画廊予約状況」です。下記のカテゴリをクリックしてください。
by gallerydojunkai
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
HOME / schedule展覧会予定
展覧会 履歴 / archive
雑誌・TVの掲載・取材
予約状況 / availability
貸ギャラリー規約・料金/terms
写真(室内・外観) / photo
[初めての方へ]個展開催手引
スタッフブログ / blog
スタッフ用
メルマガ登録&twitter,FB
連絡先・地図 / contact,map
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
2020年 08月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 02月
2002年 06月
2001年 10月
2001年 02月
カテゴリ:未分類( 232 )
18/1/3-8 福王寺琉華紅型展「きものと帯の風景」

English Below
──────────────────────────────────────────────
2018年1月3日(水)~8日(月) 12:00-19:00(最終日-18:00)
福王寺琉華紅型展「きものと帯の風景」
──────────────────────────────────────────────
1.
18/1/3-8 福王寺琉華紅型展「きものと帯の風景」_e0091712_00135768.jpg





















「白南風」

1.「白しら南風はえ」古琉球紅型の柄をアレンジ復刻しさわやかな色合いに染めた着尺です。
 古典でありながら新しい、品がありながら愛らしい柄に先人のデザイン力の高さを感じます。


2.
18/1/3-8 福王寺琉華紅型展「きものと帯の風景」_e0091712_00140765.jpg





















「祝宴」

2.「祝宴」古い木版捺染の柄をアレンジして帯に仕上げました。花、鳥、鹿の吉祥柄に
 たくさんの色を挿しました。


3.
18/1/3-8 福王寺琉華紅型展「きものと帯の風景」_e0091712_00141380.jpg





















「サマルカンドの万華鏡」

3.「サマルカンドの万華鏡」ウズベキスタンを旅した時に見た美しいタイルや布の模様から
 アレンジした藍型帯に仕上げました。


◇展覧会概要
 紅型染と言うと沖縄の伝統工芸であることはご存知の方も多いと思います。今日では、
紅型染は沖縄の琉球びんがただけでなくその伝統技法を受け継いで京紅型や江戸紅型と
呼ばれるものも含め各地でそれぞれの成長を見せています。
 私について言えば沖縄出身でも在住でもありません。けれど、二人の素晴らしい
紅型染の師に出会ったことで紅型の魅力にのめり込み、はや20数年経ちました。
 伝統的な古琉球紅型に魅了され、それを踏襲しようと心掛けて開催した前回の
第1回個展から8年を経て、今回の第2回個展はその魅力はそのままに私なりのアレンジや
創造を加え発展をさせることができるか試みました。
 紅型でありながら私の求める格調の高さと愛らしさの共存が発現している作品となっているでしょうか。
どうぞご高覧の上ご感想をいただければ幸いです。
そしてまた次の進化を楽しみにしていただけるよう日々を過ごしていきたいと思います。


◇福王寺琉華プロフィール
1992
紅型作家 桧山典子氏に師事
2000
古琉球紅型作家 故田中琉北氏に師事
2001
武蔵野美術大学(旧)短期大学部テキスタイル科修了
2005
SEIWA染色教室講師に認定
紅型染講座講師を務める/カルチャーセンター蒲田産経学園
2007
第1回四人展「光る布展 IN TOKYO」開催/銀座清月堂画廊
サンフランシスコ友好手工芸展出品
2008
第2回四人展「光る布展 IN PARIS」開催/パリ・ベルタンポワレ
2009
9月より福王寺琉華紅型教室主宰/東京市ヶ谷 自宅
ネオジャパニズム第3回ウィーン展覧会 オーストリア芸術協会
クリスタル賞受賞/ウィーン・パルフィー宮殿
第64回新匠工芸会 入選/東京都美術館・京都市美術館
2010
日仏現代美術世界展 入選/青山スパイラルガーデン
第3回四人展「光る布展 IN TOKYO」開催/銀座清月堂画廊
第1回個展「幸せの布紅型展」開催/山脇ギャラリー
第65回新匠工芸会 入選/京都市美術館
2011
第66回新匠工芸会 入選/京都市美術館
3回講座『紅型染を楽しむ』を開講/千代田区九段生涯学習館
12月より紅型・型染め講座を定期的に開講/WAnocoto表参道
2012
第67回新匠工芸会 入選/東京都美術館・京都市美術館
2013
平成24年度全国伝統的工芸品公募展 入選/青山スクエア
第68回新匠工芸会 入選/東京都美術館・京都市美術館
2014
教室作品展「染め遊び」開催/山脇ギャラリー
第23回全国染織作品展 入選/横浜シルク博物館
平成26年度全国伝統的工芸品公募展 入選/青山スクエア
2015
第4回四人展「光る布展 IN TOKYO」開催/銀座清月堂画廊
2016
第24回全国染織作品展 入選/横浜シルク博物館          
2018
本第2回個展「着物と帯の風景」開催予定/同潤会ギャラリー
 
HP
Instagram  ryuka fukuoji
 光る布会(福王寺琉華を含む四人の作家のHP) https://bingata-hikarununo.jimdo.com/



──────────────────────────────────────────────                           
3rd(Wed)~8(Mon)‐January 2018 12:00‐19:00(The final day until 18:00)
Ryuka Fukuoji 2nd Bingata Exhibition “Landscape with Kimono and Obi”
──────────────────────────────────────────────
1.
18/1/3-8 福王寺琉華紅型展「きものと帯の風景」_e0091712_00135768.jpg




















Summer Evening Breeze


1. In this kimono, an old ‘Ryukyu’ Bingata pattern meets the fresh color palette. The old embraces the new – I believe that this owes to the generations of designers who managed to create something cheerful and graceful that wouldn’t grow old.

2.
18/1/3-8 福王寺琉華紅型展「きものと帯の風景」_e0091712_00140765.jpg





















Celebration

2. I have re-arranged an old woodblock print pattern here, bringing out this colorful obi with good-fortune motifs – flower, bird and deer.

3.
18/1/3-8 福王寺琉華紅型展「きものと帯の風景」_e0091712_00141380.jpg





















Kaleidscope of Samarkand

3. I have got an idea for this obi from my trip to Uzbekistan several years back. No wonder it has some resemblance to Islamic tiles and fabrics.

◇ Description
Some of you may know that Bingata is a traditional dyeing of Okinawa used to be called Ryukyu Kingdom of south isles. Later on it spun out of Okinawa and was developed elsewhere into unique local adoptions such as Kyo-Bingata (in Kyoto) and Edo-Bingata (in Tokyo). Neither I myself is from Okinawa, or had had connections to textile business until I started following the footsteps of those two amazing artists as my teacher, mesmerized by their works: Noriko Hiyama and Ryuboku Tanaka. Some twenty years have passed surprisingly quickly since then.
Now after eight years since my first solo exhibition which was meant to show what I thought traditional Bingata is, the theme for this second exhibition is “blending” of conflicting ideas. That is to say, I firstly tried to translate the tradition to our modern life in my own terms while keeping the same old charm. Another project I pursued (and still do) was a search for core elements of design which matter to me, and hopefully to wider audience too. I have narrowed them down through observations and experiments: elegance and charm – which are often hard to sit in a right balance. I believe this exhibition would be a full embodiment of my intention and hope you could enjoy the finest brew from my careful “blending” to the last sip. Your honest feedback would be my power for next creative progress (and a third exhibition!).
◇ About the Artist / Biography
Ryuka Fukuoji (福王寺 琉華) was born in Yokohama in 1956. She took interest in Bingata, a traditional stencil for dyeing fabrics originated in the kingdom of isles which is used to be called Ryukyu (琉球) located in the south sea between Japan and China, in 1992 at the workshop taught by an artist, Noriko Hiyama. While coping with her busy life raising three children, her passion was fueled further under the guidance of a classical Bingata artist, late Ryuboku Tanaka (田中 琉北) in 2000, from whom she inherited one Chinese character to her artist’s name Ryuka(琉華), although she isn’t from the Japanese southern isles or she had never been formally educated as an artist or trained as a craftsman before she learned art academically at Musashino Art University from 1998 to 2001.
With her new diploma, she started to teach Bingata at local culture schools including care homes for the disabled to stimulate senses and interests in handcrafting and traditional textiles, while building up her own portfolio. She runs an independent workshop at home from 2009 for those who share the passion for Bingata among ex-participants at those culture schools and, about once in a year or two, holds exhibitions either solo or in four-artist group called Hikaru Nuno which means fabrics of radiance. Some of her works were brought in to public competitions, domestic or international, and earned her prizes.
Her form of expression varies – Kimono, Obi and Obi-age are most traditional medium of Bingata, but recent artists like her often add some modern touches both in medium (such as handbags and home accessories) or in color and pattern. Having said that, her creations will never leave the tradition behind even after exploring those new applications, which you will see at this exhibition in 2018.
Please visit bingata-hikarununo.jimdo.com and bingata-fukuojiryuka.amebaownd.com for her portfolio, workshop details and updates.
◇ Artist’s Activity Timeline
Diplomas:
2001
Diploma in Textile, Musashino Art University [Tokyo]
Licenses:
2005
Approved Teacher at SEIWA*
* A Japanese dye and leather crafting material company
Solo Exhibitions:
2010
Shiawase no Nuno (‘Happy Cloth’) / Yamawaki Gallery [Tokyo]
2018
Landscape with Kimono and Obi / Gallery Dojunkai [Tokyo]
Group Exhibitions:
2007
Hikaru Nuno 1st Exhibition / Ginza Seigetsudo Gallery [Tokyo]
2008
Hikaru Nuno 2nd Exhibition / Espace Culturel Bertin Poirée [Paris]
2010
Hikaru Nuno 3rd Exhibition / Ginza Seigetsudo Gallery [Tokyo]
2014
Bingata Workshop 1st Exhibition ‘Dye and Play’ / Yamawaki Gallery [Tokyo]
2015
Hikaru Nuno 4th Exhibition / Ginza Seigetsudo Gallery [Tokyo]
Public Exhibition and Crafting Competition:
2007
Exhibited, San Francisco Japanese Crafting Exhibition [San Francisco]
2009
Awarded Crystal Prize by Austrian Art Association, 3rd Wien Neo-Japonism Exhibition / Palffy Palace [Vienna]
2009
Nominated, 64th Shinsyou-Kogeikai Exhibition / Tokyo Metropolitan Art Museum and Kyoto Municipal Museum of Art [Tokyo, Kyoto]
2010
Nominated, 65th Shinsyou-Kogeikai Exhibition / Kyoto Municipal Museum of Art [Kyoto]
Nominated, Exposition l’Art Actuel France-Japon / Aoyama Spiral Gallery [Tokyo]
2011
Nominated, 66th Shinsyou-Kogeikai Exhibition / Kyoto Municipal Museum of Art [Kyoto]
2012
Nominated, 67th Shinsyou-Kogeikai Exhibition / Tokyo Metropolitan Art Museum and Kyoto Municipal Museum of Art [Tokyo, Kyoto]
2013
Nominated, Japan Traditional Crafts Public Competition 2012, exhibited at Japan Traditional Crafts Aoyama Square [Tokyo]
Nominated, 68th Shinsyou-Kogeikai Exhibition / Tokyo Metropolitan Art Museum and Kyoto Municipal Museum of Art [Tokyo, Kyoto]
2013
Nominated, 23rd Dye and Weave Competition / Silk Museum [Yokohama]
2014
Nominated, Japan Traditional Crafts Public Competition 2014, exhibited at Japan Traditional Crafts Aoyama Square [Tokyo]
2014
Nominated, 24th Dye and Weave Competition / Silk Museum [Yokohama]
Workshops:
2005
Sankei Culture School, Kamata [Tokyo]
2009 – present
Bingata private lessons [Tokyo]
2011
‘Enjoy Bingata’ Sessions / Chiyoda Continued Learning Center [Tokyo]
2011 – present

HP
 Instagram  ryuka fukuoji


by gallerydojunkai | 2018-01-02 00:23
2012/12/6-11 陶の夢3 -il Sogno di Ceramica-【陶器】
──────────────────────────────────────────────
2017年12月6日(水)~11日(月) 12:00-19:00(最終日-16:00)
陶の夢3 -il Sogno di Ceramica-【陶器】
──────────────────────────────────────────────

2012/12/6-11 陶の夢3  -il Sogno di Ceramica-【陶器】_e0091712_08575001.jpg1.
左: 「MとWの狂詩曲」廣田多美子
W170×D135×H230 大原土、金漆
右: 「白い記憶」小川純子
W400×D600 ニューボン磁土、パネルに貼付


2012/12/6-11 陶の夢3  -il Sogno di Ceramica-【陶器】_e0091712_08575495.jpg







2.
左: 「街風景」鈴木一次
φ300×H180 信楽土
右:「無題」鈴木友紀子
W180×D60×H200 信楽土

2012/12/6-11 陶の夢3  -il Sogno di Ceramica-【陶器】_e0091712_08575866.jpg











3.
左:「猪口」渡邊有子
Φ70×H50 ニューボン磁土、銀彩
右: 「輪花豆皿」志賀紀子
Φ110×H15 半磁土、顔料、練り込み











◇展覧会概要
古都 京都の大学で知り合った6人が、暮らしに彩りを添える作品を探究し、近況報告を重ねながら10年の月日が経ちました。一人一人の表現は異なりますが、日常の心象風景を土に投影し陶芸を通じて描く夢を共有し合う仲間たちによる、題して~「陶の夢」~の作品展です。共通のコンセプトは、「個々の感性がきらりと光る日常のアート」是非お楽しみ下さい。

◇プロフィール
廣田多美子、小川純子、鈴木一次、 鈴木友紀子、*渡邊有子、志賀紀子
京都造形芸術大学 陶芸コース卒業

*渡邊有子 2017年より武蔵野美術大学 工芸デザイン学科 生活環境デザインコース在学中




by gallerydojunkai | 2017-12-05 08:45
17/10/25-30 GARDENERS EYES ~ ガーデナー達の~ing ~【ガーデン設計】
─────────────────────────────────────────
2017年10月25日(水)~30日(月) 12:00-19:00(最終日-16:00)
GARDENERS EYES ~ ガーデナー達の~ing ~ 【ガーデン設計】
─────────────────────────────────────────
17/10/25-30 GARDENERS EYES ~ ガーデナー達の~ing ~【ガーデン設計】_e0091712_06435002.jpg

1.ガーデン設計に携わるということの本質の世界を 実際の図面を通してご紹介します















17/10/25-30 GARDENERS EYES ~ ガーデナー達の~ing ~【ガーデン設計】_e0091712_06440334.jpg

2.植物に溢れるお庭とさっぱりと機能的なユーティリティーの調和の設計も私たちの仕事です。






















17/10/25-30 GARDENERS EYES ~ ガーデナー達の~ing ~【ガーデン設計】_e0091712_06441220.png
3.豊かな生き物たちが健康に育ちあう空間の贅沢


















◇展覧会概要
 ガーデンデザインというと、突飛なものや
アイキャッチャブルなものを思い浮かべられる方も
少なくないと思います。ですが実際のガーデンデザインの
現場では、日々成長する・・生き物である植物たち・
日々進化する・・生き物である人間、それらの未来の
調和と健康と安全を確保するためのバランスと格闘する
日々が繰り広げられています。
 総合芸術の1つといわれるガーデンに散りばめられる
バランスの妙をご紹介しつつ、そうした複雑なバランスを
工夫するために日々〜ingし続ける 私たちガーデン
デザイナー達の奮闘努力の一端をご紹介したいと思います。
 今回は、上述の創意工夫を多面的に楽しんで頂けるよう、
参加デザイナー各自が、共通サイト図面に挑戦して作品を
練り上げました。様々な風景に彩られたガーデンを、
ゆったりお散歩するように楽しんで頂けましたら
デザイナー全員の喜びです。(文責 徳田)


◇プロフィール
日々、〜ingを目指して共に学ぶ現役ガーデンデザイナー
10名による作品
参加デザイナー代表 徳田千夏
多田紳也 河越徳秀 クガ利奈 牛久敦 永瀬寛和
坂本匠実 生田洋子 池原敏子 川村昭子




by gallerydojunkai | 2017-10-24 06:38
17/05/03(水)-08(月) Happy4.1展 (マリンスキー・ユキ 佐生美世子 東郷好美)
──────────────────────────────────────────────
2017年5月3日(水)~8日(月) 12:00-19:00(最終日-16:00)
Happy4.1展 (マリンスキー・ユキ 佐生美世子 東郷好美)
──────────────────────────────────────────────

17/05/03(水)-08(月) Happy4.1展 (マリンスキー・ユキ 佐生美世子 東郷好美)_e0091712_07125310.jpg1.マリンスキー・ユキ 2016年 赤いアリス 21×29.7cm







17/05/03(水)-08(月) Happy4.1展 (マリンスキー・ユキ 佐生美世子 東郷好美)_e0091712_07131106.jpg
2.佐生美世子 2016年 花の髪飾り 45×38cm








17/05/03(水)-08(月) Happy4.1展 (マリンスキー・ユキ 佐生美世子 東郷好美)_e0091712_07131998.jpg
3.東郷好美 2016年 奴隷の頃見た夢 17.5×23cm









◇展覧会概要
展覧会概要
「創作活動は幸せ♥」と感じる作家が集まり、「ハッピーになれる小さな展覧会」「団体に縛られないな表現」を目指し、このハッピー展を企画しました。
ジャンル、手法は問わず、各自が美しいラブリーと感じる世界を見て頂けたら嬉しいです。
もちろんラブリーも作家によって表現が異なるので、少しダークだったり、怖かったりといろいろ有ります。
ぜひゴールデンウィーク期間、ご来場ください。


◇プロフィール
17/05/03(水)-08(月) Happy4.1展 (マリンスキー・ユキ 佐生美世子 東郷好美)_e0091712_22394727.jpg
●マリンスキー・ユキ
 武蔵野美術大卒業
 日本イラストレーター協会会員
 現代童画会会員

 受賞
 2007年 第33回現代童画会 新人賞
 2009年 現代童画会セルビア・東欧展入選
第35回現代童画会 奨励賞 

 展覧会・グループ展
  2000年 うしく現代美術展出品(〜2016)
  2007年 現代童画会出品(〜2016)
  2013年 二人展(筑波銀行ギャラリー)
  2015年 三人展(銀座 大黒屋ギャラリー)

 アーティストのHP, SNS
  http://blog.goo.ne.jp/artoon07 マリンスキー ユキの雑記帳

●佐生美世子
 大学在学中より現代童画展へ出品を始める。
 2001年〜2002年 北京へ一年半の語学留学。
 2003年〜2016年 福井田鶴子氏(現代童画会委員)に師事。
 北京留学経験により中国文化に興味を持ち
 作品に中国的要素を取り入れるようになる。
 現代童画会会員

 展覧会・個展
  現代童画会出品(〜2016)
  2010年より茨城県神栖市を中心に個展8回
  2015年 三人展(銀座 大黒屋ギャラリー)

 アーティストHP
  http://ameblo.jp/m-sashou 佐生美世子の「珈琲時光」


●東郷好美
 大学卒業後、2007年からデッザン、
 2010年から版画を学ぶ。

  2016年「八木重吉詩画コンテスト」入選
以上




.

by gallerydojunkai | 2017-05-02 07:02
2017/3/24(金)~26(日)小玉真裕 浅野絵莉 展 【漆芸】
──────────────────────────────────────────────
2017年3月24日(金)~26日(日) 12:00-19:00(最終日-17:00)
小玉真裕 浅野絵莉 展 【漆芸】
──────────────────────────────────────────────
2017/3/24(金)~26(日)小玉真裕 浅野絵莉 展 【漆芸】_e0091712_812848.jpg浅野絵莉 彫漆小箱「 赤い椿白い椿と落ちにけり 」小玉真裕 籃胎蒟醤箱「 ◯ 」

2017/3/24(金)~26(日)小玉真裕 浅野絵莉 展 【漆芸】_e0091712_8122718.jpg小玉真裕 籃胎蒟醤箱「 ◯ 」

2017/3/24(金)~26(日)小玉真裕 浅野絵莉 展 【漆芸】_e0091712_8124096.jpg浅野絵莉 彫漆小箱「 赤い椿白い椿と落ちにけり 」
◇展覧会概要
しずかな海と沢山の島をのぞむ瀬戸内で漆を学び始めて早5年
香川の伝統技法 蒟醤(キンマ)彫漆(チョウシツ)を用いた作品を中心に
東京で初めての展覧会を行います
みなさまにお会いできるのを楽しみにしています


◇プロフィール
小玉真裕

作品制作を通して、日常を見る目に変化が生じているように感じています。
いま作りたいのは、ずっと見続けていたい景色のように、一生大切にしてもらえる作品。
今後も年を重ねながら、漆芸と向き合っていくことが楽しみです。

1982 北海道深川市出身
1989 書を岩村佳尚先生(札幌)に師事
2005 北海道大学水産学部 卒業 製薬会社勤務
2012 香川県漆芸研究所 入所
2017 同研究所 修了

2013 第56回伝統工芸四国展 入選
2014 第57回伝統工芸四国展 入選
2015 小玉真裕香川漆芸展 北海道市立室蘭総合病院
   第80回香川県美術展覧会 入選
   第62回日本伝統工芸展 入選
   第58回伝統工芸四国展 入賞(奨励賞)
2016 年のはじめ漆三人展 灸まんミュージアム
   第27回文化財漆協会会員漆芸展 日本橋三越
   第2回 小玉真裕香川漆芸展 北海道市立室蘭総合病院
   第81回香川県美術展覧会 入選
     香川漆芸美術展〜その始まりと今〜 香川県立ミュージアム
   第63回日本伝統工芸展 入選
   第59回伝統工芸四国展 入賞(奨励賞)
   第34回日本伝統漆芸展 入選

現在 日本文化財漆協会会員 国際現代書道展会友 香川書道会主宰
--  


浅野絵莉

感銘を受けてきた素晴らしいものもののように、
自分から生まれる美しいものに出会えるよう、制作を続けていきたい。

1986 東京生まれ 千葉県木更津市育ち
2010 東京藝術大学美術学部工芸科漆芸専攻卒業
2012 香川県漆芸研究所 入所
2016 同研究所 修了
  
2012 第55回伝統工芸四国展 初入選(以後毎年入選)
2016 年のはじめ漆三人展 灸まんミュージアム
   第33回日本伝統漆芸展 入選
   第27回文化財漆協会会員漆芸展 日本橋三越
   香川漆芸美術展〜その始まりと今〜 香川県立ミュージアム
   漆の表現 瀬戸内国際芸術祭2016参加作品漆の家

現在 日本文化財漆協会会員


                                  .
by gallerydojunkai | 2017-03-23 08:07
本日より17/3/20まで 174 (作家名: Tomomi Shimizu) 【写真・オブジェ・ドローイング】
──────────────────────────────────────────────
2017年3月15日(水)~20日(月) 12:00-19:00(最終日-17:00)
174 (作家名: Tomomi Shimizu) 【写真・オブジェ・ドローイング】
──────────────────────────────────────────────

本日より17/3/20まで  174  (作家名: Tomomi Shimizu) 【写真・オブジェ・ドローイング】_e0091712_21462062.jpgtshimizu1 / untitled 2015年

本日より17/3/20まで  174  (作家名: Tomomi Shimizu) 【写真・オブジェ・ドローイング】_e0091712_13094203.jpgtshimizu2 / untitled 2011年

本日より17/3/20まで  174  (作家名: Tomomi Shimizu) 【写真・オブジェ・ドローイング】_e0091712_13095507.jpgtshimizu3 / untitled 2008年

◇展覧会概要
ありふれた日常の中に存在する、気付きや意識が変化する瞬間を理解し、認識することは、可能なのか?それを記録し、表現することを通じて、何を知り得るのだろう?人、物、あらゆる自分の周りの事柄に触れるとき、そこにはいつもコンフリクトが生じているように感じる。そして、結局は何一つとして変化しない現実を思い知る。そういう思いが止めどなく流れて、止まることはない。今回の展示は、2008年以降の作品を、見返し考察し、また続けていくことを確かめる場となる。

◇プロフィール
2008年 MFA Pratt Institute New Forms

◇略歴
2016 “Exhibition of my personal collection“ Huis Museum, Amsterdam, Netherland
2010 Gallery Graf, Heidelberg, Germany
2010 AUCO Gallery, Hanoi, Vietnam
2010 Gallery Helios, Timisoara, Romania
2010 Amnesty International, Zoetermeer, Netherlands
2009 Artists Over the Frontiers Foyer NDSA, Lyon, France
2009 Mount Wachusett Community College Gardner, MA.
2009 Hampden Gallery, University of Massachusetts. Amherst, MA2009 Video arte Internacional Buenos Aires, Argentina
2008 "Flags for Prayers" University of Massachusetts, Amherst, MA
2008 ISE Cultural Foundation Gallery, New York
2008 "Fictive Days" Wooloo Production, Berlin, Germany
2008 Virginia Commonwealth University Show, Richmond, Virginia
2008 "1000 small works" Artists Space, New York
2007 "Under Current" White Box Annex, New York
2005 "360 degrees" Fire Proof Gallery, Brooklyn, New York
2004 "Femme" Volume, Brooklyn New York

◇アーティストのホームページ
www.tomomishimizu.com




                            .
by gallerydojunkai | 2017-03-15 06:33
17/3/15日(水)-20(月) 174 (作家名: Tomomi Shimizu) 【写真・オブジェ・ドローイング】
──────────────────────────────────────────────
2017年3月15日(水)~20日(月) 12:00-19:00(最終日-17:00)
174 (作家名: Tomomi Shimizu) 【写真・オブジェ・ドローイング】
──────────────────────────────────────────────

17/3/15日(水)-20(月)  174  (作家名: Tomomi Shimizu) 【写真・オブジェ・ドローイング】_e0091712_21462062.jpgtshimizu1 / untitled 2015年

17/3/15日(水)-20(月)  174  (作家名: Tomomi Shimizu) 【写真・オブジェ・ドローイング】_e0091712_13094203.jpgtshimizu2 / untitled 2011年

17/3/15日(水)-20(月)  174  (作家名: Tomomi Shimizu) 【写真・オブジェ・ドローイング】_e0091712_13095507.jpgtshimizu3 / untitled 2008年

◇展覧会概要
ありふれた日常の中に存在する、気付きや意識が変化する瞬間を理解し、認識することは、可能なのか?それを記録し、表現することを通じて、何を知り得るのだろう?人、物、あらゆる自分の周りの事柄に触れるとき、そこにはいつもコンフリクトが生じているように感じる。そして、結局は何一つとして変化しない現実を思い知る。そういう思いが止めどなく流れて、止まることはない。今回の展示は、2008年以降の作品を、見返し考察し、また続けていくことを確かめる場となる。

◇プロフィール
2008年 MFA Pratt Institute New Forms

◇略歴
2016 “Exhibition of my personal collection“ Huis Museum, Amsterdam, Netherland
2010 Gallery Graf, Heidelberg, Germany
2010 AUCO Gallery, Hanoi, Vietnam
2010 Gallery Helios, Timisoara, Romania
2010 Amnesty International, Zoetermeer, Netherlands
2009 Artists Over the Frontiers Foyer NDSA, Lyon, France
2009 Mount Wachusett Community College Gardner, MA.
2009 Hampden Gallery, University of Massachusetts. Amherst, MA2009 Video arte Internacional Buenos Aires, Argentina
2008 "Flags for Prayers" University of Massachusetts, Amherst, MA
2008 ISE Cultural Foundation Gallery, New York
2008 "Fictive Days" Wooloo Production, Berlin, Germany
2008 Virginia Commonwealth University Show, Richmond, Virginia
2008 "1000 small works" Artists Space, New York
2007 "Under Current" White Box Annex, New York
2005 "360 degrees" Fire Proof Gallery, Brooklyn, New York
2004 "Femme" Volume, Brooklyn New York

◇アーティストのホームページ
www.tomomishimizu.com




                            .
by gallerydojunkai | 2017-03-14 12:57
2017/2/28-3/5 CHIOU EXHIBITION [CHIOU] 【墨彩、書】
─────────────────────────────────────────────
2017/2/28-3/5 12:00-19:00 (最終日-18:00)
CHIOU EXHIBITION [CHIOU] 【墨彩、書】
─────────────────────────────────────────────
※旦桂からCHIOUへ改名

2017/2/28-3/5 CHIOU EXHIBITION [CHIOU] 【墨彩、書】_e0091712_22164288.jpg

2017/2/28-3/5 CHIOU EXHIBITION [CHIOU] 【墨彩、書】_e0091712_2217681.jpg
※会期を延長されました。(17.3.1)
by gallerydojunkai | 2017-02-27 04:03
本日2/14スタート、2/14-19 小愛 展「春霞」 【絵画】
──────────────────────────────────────────────
2017年2月14日(火)~2月19日(日) 12:00-19:00(最終日-17:00)
小愛 展「春霞」 【絵画(主に油絵)】
──────────────────────────────────────────────
本日2/14スタート、2/14-19 小愛 展「春霞」 【絵画】_e0091712_17451032.jpg制作年 2015年
タイトル「湿原」
サイズ41.0×31.8㎝

本日2/14スタート、2/14-19 小愛 展「春霞」 【絵画】_e0091712_1745255.jpg制作年 2006年
タイトル「野はら」
サイズ91.0×60.6㎝

本日2/14スタート、2/14-19 小愛 展「春霞」 【絵画】_e0091712_17454174.jpg制作年 2007年
タイトル 「夢みる魚」
サイズ116.7×91.0㎝

◇プロフィール
小愛
1985 生まれ
2008 武蔵野美術大学 造形学部油絵学科卒業

・略歴
(個展)
2006 「ドールハウス」 大学内
2007 「夢うつつ」Gallery 銀座 フォレスト・ミニ
「37.5℃」 大学内
2008 「ゆめのゆめ」 大学内 卒業制作展
2009 「rain・coat」Gallery 銀座 フォレスト・ミニ
2012 「Once upon a time…」葉っぱカフェ
「Divertissement」葉っぱカフェ
2015 「つきのくに」金魚カフェ

(グループ展)
2006 「混労頭」 デザインフェスタギャラリー
2007 「Naive Art」pepper's Gallery
2010 「ポストカードコレクション」下北沢Gaoh!
「みんなの絵本展」下北沢Gaoh!
2013 「忘れる忘れない」 ユナイテッドカフェ
2015 「nesting」スコップカフェ

・URLなど
blog: http://ameblo.jp/poca-poka/
tumblr: http://sudocoai.tumblr.com




                                             .
by gallerydojunkai | 2017-02-14 11:41
2017/2/14-19 小愛 展「春霞」 【絵画(主に油絵)】
──────────────────────────────────────────────
2017年2月14日(火)~2月19日(日) 12:00-19:00(最終日-17:00)
小愛 展「春霞」 【絵画(主に油絵)】
──────────────────────────────────────────────
2017/2/14-19 小愛 展「春霞」 【絵画(主に油絵)】_e0091712_17451032.jpg制作年 2015年
タイトル「湿原」
サイズ41.0×31.8㎝

2017/2/14-19 小愛 展「春霞」 【絵画(主に油絵)】_e0091712_1745255.jpg制作年 2006年
タイトル「野はら」
サイズ91.0×60.6㎝

2017/2/14-19 小愛 展「春霞」 【絵画(主に油絵)】_e0091712_17454174.jpg制作年 2007年
タイトル 「夢みる魚」
サイズ116.7×91.0㎝

◇プロフィール
小愛
1985 生まれ
2008 武蔵野美術大学 造形学部油絵学科卒業

・略歴
(個展)
2006 「ドールハウス」 大学内
2007 「夢うつつ」Gallery 銀座 フォレスト・ミニ
「37.5℃」 大学内
2008 「ゆめのゆめ」 大学内 卒業制作展
2009 「rain・coat」Gallery 銀座 フォレスト・ミニ
2012 「Once upon a time…」葉っぱカフェ
「Divertissement」葉っぱカフェ
2015 「つきのくに」金魚カフェ

(グループ展)
2006 「混労頭」 デザインフェスタギャラリー
2007 「Naive Art」pepper's Gallery
2010 「ポストカードコレクション」下北沢Gaoh!
「みんなの絵本展」下北沢Gaoh!
2013 「忘れる忘れない」 ユナイテッドカフェ
2015 「nesting」スコップカフェ

・URLなど
blog: http://ameblo.jp/poca-poka/
tumblr: http://sudocoai.tumblr.com




                                             .
by gallerydojunkai | 2017-02-13 17:34