人気ブログランキング |

表参道ヒルズ・同潤館のギャラリーからの「展覧会情報」,「貸し画廊予約状況」です。下記のカテゴリをクリックしてください。
by gallerydojunkai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
HOME / schedule展覧会予定
展覧会 履歴 / archive
雑誌・TVの掲載・取材
予約状況 / availability
貸ギャラリー規約・料金/terms
写真(室内・外観) / photo
[初めての方へ]個展開催手引
スタッフブログ / blog
スタッフ用
メルマガ登録&twitter,FB
連絡先・地図 / contact,map
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
2020年 08月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 02月
2002年 06月
2001年 10月
2001年 02月
2005年 08月 03日 ( 9 )
個展■展覧会の告知/PR web・HP・ネット上の掲示板リンク集
展覧会告知のためのリンク集

インターネット上で、無料(一部は有料)でPRできるサイトをまとめてあります。

1. 展覧会の開催をPR
2. アーティスト自身のPR
3. 当ギャラリーご利用の方へ:「会場の基本情報」掲載の仕方

-------------------------------------------------------------------------------------

1. 展覧会の開催をPR

◇TAB(Tokyo Art Beat) ★登録作業不要★ http://www.tokyoartbeat.com/
 エリア・終了日でソートもできる大変使い勝手のよい「東京のアート・デザイン展カレンダー」。
 ※先方で掲載して下さる親切なサイト。tablogレビューの対象にしてもらうには別途対応要。

◇Artscape http://www.dnp.co.jp/artscape/koremite/board_a.html#
 DNP運営の美術で定評ある有名サイト。
 ※記入フォームに字数制限あり。掲載のための審査があるため、少し余裕をもって載せる。
 
◇JDN(Japan Design Net) https://www.eventdb.jp/member/event/touroku.php
 デザイン関連のメルマガでは最大発行部数を誇る会社が提供するHP。
 ※記入フォームに字数制限あり。

◇Real Tokyo http://www.realtokyo.co.jp/users/view
 美術他の東京のアートシーン全般をカバー。ARTiTの発行も。マイページからの利用登録が必要。
 ※記入フォームが日英バイリンガル対応。不明な場合は、ローマ字での記入で可。

◇芸力 http://geiriki.com/info/entry.html
 「東京都内と近郊のアートの展覧会情報をまとめてお知らせ」するサイト

◇NetTAM(トヨタアートマネジメント) https://www.nettam.jp/member/login.php
 「全国各地のアート活動をご紹介いただく情報交流の場です。自由にご投稿ください。」
 希望者へHP追加内容を載せたメルマガを定期的に発行。

◇アートコモンズ http://artcommons.nact.jp/index.php
 国立新美術館運営の展覧会情報"共有"サイト。
 ※美術館・ギャラリー・登録団体だけが掲載可能。

◇Tokyo Art Navigation http://tokyoartnavi.jp/member/index.php#artist
 東京(トウキョウ)・アート・ナビゲーション。都立の美術館を運営する東京都歴史文化財団
 によるサイトで、無料のメンバー登録の後、告知などの利用が可能。

◇個展なび http://koten-navi.com/to-creator-and-gallery
 「個展・展覧会情報を簡単に登録・検索できる情報カレンダー」として、Web上での
登録以外にも、展覧会DMやプレスリリースによる登録もお願いできる。
 twitter対応や、作家在廊情報が記入できるのが他にはないポイント。

◇芸術新聞社ART ACCESS展覧会情報
 http://www.gei-shin.co.jp/information/information2.html
 郵送、E-mail(webmaster@gei-shin.co.jp)で情報を送付。掲示板はこちら

 「美術家検索」サービスへ有償で登録するサービスのみ存続(2016.8) →こちら

◇ホルベイン アートニュースリリース http://www.holbein-artistnavi.com/artnews/keisai
 写真1点、テクスト400~1200字で、展覧会情報をPR可能。

◇シブヤ経済新聞 www.shibukei.com/contact/press.html
 渋谷圏内の経済・ファッション・デザイン・アートなどのニュースを掲載するサイトで、
 編集部側で掲載の判断がされる。

◇フライヤー・コレクション flyer-collection.com/
 チラシのデザイン性に着目した「フライヤーの持つ告知機能を活かしつつ、フライヤー自体を鑑賞し語ることを目的にしたコミュニケーションサイト」

◇チラシミュージアム http://eplus.jp/sys/web/museum/index.html
 アプリ。全国の美術館・博物館・ギャラリーで開催されるアートイベントのチラシを網羅したもの。
 掲載希望のためには、事前登録が必要→ https://cs.eplus.jp/sessions/new

◆[有料サービス] @press http://www.atpress.ne.jp/
 有料のプレスリリースサービス。文書のひな形も有り。

◇るるぶイベント情報投稿 https://www.rurubu.com/promoter/help.aspx
 ※事前登録が必要

aw-ml(つなぐメーリングリスト) http://www.egroups.co.jp/group/aw-ml
 アート関係者・愛好家の閲覧多数。
 ※テキストベースで配信(写真を添付できない)。MLへ自分のメルアド登録後、投稿。
(閉鎖)
  
Copyright © 2006-2016 ギャラリー同潤会(gallery dojunkai) All Rights Reserved.

----------------------------------------------------------------------------------

2. アーティスト自身のPR

◇Tokyo Art Navigation「アーティストファイル」 http://tokyoartnavi.jp/member/index.php#artist
 東京(トウキョウ)・アート・ナビゲーション。都立の美術館を運営する東京都歴史文化財団
 によるサイトで、無料メンバー登録後、アーティストとしての活動等のPRが可能。

◇ホルベイン アーチスト ナビ http://www.holbein-artistnavi.com/info_notice.html
 展覧会情報のPR以外にも、活動内容などの近況、出版等のPRが可能。

◇【閉鎖】アートインタラクティヴ東京、作家アーカイヴス http://www.artinteractivetokyo.com/archives/archives.htm
 アートコレクターのためのNPO法人。
 コンテンツの書換え・写真掲載ok。作家HPへのリンクだけも可。※展覧会のPRには不向き。


◇芸術新聞社ART ACCESS「作家検索」【有料,年間契約】
 http://www.gei-shin.co.jp/artaccess/keisai.html
 作品写真1点と簡単な略歴(5000円)と、作品写真2点と顔写真(20,000円)の2タイプ。

◇Spiral Bank スパイラルバンク【有料,年間契約】
 http://www.spiral.co.jp/
 プロフィール・作品のHP掲載。

Copyright © 2006-2012 ギャラリー同潤会(gallery dojunkai) All Rights Reserved.

----------------------------------------------------------------------------------

3. 当ギャラリーご利用の方へ:「会場の基本情報」掲載の仕方

・各種印刷物の作成、上記サイト等への掲載の際は、下記の内容でお願いいたします。

ギャラリー同潤会
150-0001東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ・同潤館2階
tel/fax: 03-5410-0660
email: info(at)gallerydojunkai.com
URL: http://www.gallerydojunkai.com
アクセス・交通機関
  [地下鉄をご利用の場合]
   東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道駅」A2出口より徒歩2分
   東京メトロ千代田線、副都心線「明治神宮前駅」5出口より徒歩4分
  [JRをご利用の場合]
   JR山手線「原宿駅」表参道口より徒歩7分

gallery dojunkai
Omotesando Hills, 4-12-10-D201, Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo, 150-0001 
tel/fax: 03-5410-0660
email: info(at)gallerydojunkai.com
URL: http://www.gallerydojunkai.com


Copyright © 2006-2008 ギャラリー同潤会(gallery dojunkai) All Rights Reserved.
by gallerydojunkai | 2005-08-03 18:53 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■プレスリリース 送付先・タイミング
現在、ご利用者限定でご説明させていただいております。
by gallerydojunkai | 2005-08-03 18:52 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■ホームページ(ブログ)作成・まぐまぐ(メルマガ)の作成までの手続き
お申込者限定とさせていただいております。
by gallerydojunkai | 2005-08-03 18:49 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■facebook, twitterの初期設定サービスについて
こちらは、こちらのギャラリーでの展覧会開催が決まった
ご利用者様向けの無料サービスです。

どちらも、登録はかんたんに出来るように工夫がされていますが、
お忙しい方、自信のない方向けに、代行で登録をさせていただくものです。


1.facebookの場合
 それほど難しくないので、下記のページからお作りいただくのがおススメですが、
 https://ja-jp.facebook.com/‎

 (a)アカウント名(ローマ字か漢字か?)
 (b)メールアドレスとそのログインパスワード ※登録後別のアドレスにも変更可能です。
 (c)登録したい生年月日 ※実際の生年月日と違っても登録は可能
 (d)ギャラリーのHP掲載用の「写真」「展覧会概要」「プロフィール」等

 <説明>
 ・(b)のメールアドレスは、アカウントの初期設定やその後の連絡メッセージを
  受け取るためのものです。
  (パスワードをこちらにお知らせいただくのも不安でしょうから)
  今回の設定用に新規にフリーアドレスなどをお作りいただいて、
  後日登録のメールアドレスを、通常お使いのメールアドレスに切り替えることが
  可能です。
 ・(d)のデータ・情報を元に、facebookの基本情報や、メッセージを最低限の分だけ
  掲載させていただきます。その後は、各ご利用者様自身で操作いただきます。


2. twitterの場合
 それほど難しくないので、下記のページからお作りいただくのがおススメです。
 https://twitter.com/signup

 こちらにご依頼いただく場合には、下記をお決めいただき、
 ・氏名 (例:yamada taro, ギャラリー同潤会 表参道)
 ・メールアドレス (アカウントの初期設定やその後の連絡がメールで送られます。)
 ・パスワード (アカウント作成後、twitterにログインするためのパスワード)
 ・ユーザー名 (例:dojunkai, yamadataro )


詳細は、gd[アットマーク]gallerydojunkai.comへお問い合わせ下さい。
by gallerydojunkai | 2005-08-03 18:45 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■「協賛」「寄付」の集め方
お申し込みいただいた方限定
by gallerydojunkai | 2005-08-03 18:44 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■開催までのスケジュール管理
お申込いただいた方へのスケジュール管理サポートは、以下の2点を
ご用意させていただいております。

・お渡しするマニュアルには、「いつまでに、これをやっておくこと」
をまとめた『進捗管理表』があるので、プレスリリースを含めた万全の管理
ができます。

・上記の内容を元に、YahooカレンダーYahooアラートを組み合わせた、
ギャラリースタッフで使用している『お知らせ(催促)システム』を一緒に
利用していただくことが可能です。
(ご希望された方、かつYahoo IDをお持ちの方)


(参考)開催までの大まかな流れは下記のとおりとなります。
+ギャラリー選び
+展覧会タイトル・内容決定
+月刊誌への送付
+DM/ハガキの印刷
+週刊誌、新聞への送付
+DM/ハガキの郵送
+(ギャラリー宛にギャラリーHP・メルマガ用に テクスト及び写真を提出)
+web上、HP上告知媒体(掲示板)への掲載依頼
+(ギャラリーからのメルマガ ※月が変わって最初に開催の展覧会の前に1回送付)
+メーリングリストなどへ投稿
+(展示期間)
+礼状
by gallerydojunkai | 2005-08-03 18:26 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■プレスリリースの重要性
◇プレスリリースの重要性

手元に名簿のあるお知り合いにDMを送ることはもちろん大切ですが、
それでは、活動に広がりが出ません。せっかくの機会ですので、
プレスリリースを実施しましょう。
個展など展覧会を開催することのメリットは、自分が展覧会を開くと
いうことお知らせをすることで、自分というアーティストの
存在を「世間」に大手を振ってふれまわれるというチャンスなのです。

それによって展覧会を見てきてくれるかどうかは別ですが、写真を目にして
くれて、それが新たな出会いとなり、次の展開への礎となります。

従って、作品制作のスケジュールと同時に、テクスト・写真の用意
をしていく必要があります。そのため、当ギャラリーでは、少なくとも
4ヶ月前に開催の決定をしていただくことをおすすめしております。

(C)ギャラリー同潤会
by gallerydojunkai | 2005-08-03 18:24 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■プレスリリースの作り方(コンテンツ・レイアウトの例)
(1)コンテンツ
  文章の分量は、各アーティストの活動歴や考え方によりますが、
 どんな項目を書くかの参考にしてください。

 ◇ 当ギャラリー「東亭順展」(A4で約4ページ相当)
   http://galleryd.exblog.jp/d2006-04-19
 ◇ 金沢21世紀美術館「ゲルハルト・リヒター 鏡の絵画展」(A4で9ページ) 
   http://www.kanazawa21.jp/ja/12press/pdf/050801.pdf

(2)デザイン、レイアウトなど
  
 ◇ アラタニウラノ(ギャラリー)
   小さい文字、段組を使い、左にテキスト・右側に写真で、洗練された印象
   http://www.arataniurano.com/pre/press-j.pdf
 ◇ 大き目のゴシックを使い、実用的ながら読みやすい
   http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2006/barlach/barlach_press.pdf

その他の例を参考にしたい場合は、
 ・googleの「検索オプション」(http://www.google.com/advanced_search?hl=ja)を使用し、
 ・「プレスリリース」と「美術」をキーワードにし、
 ・ファイルタイプを「PDF」に限定するとオリジナルのデザインを保持したPDFファイル
  だけを探すことができて便利。

(3)デジタルデータのご提供
お申し込みいただいた方には、フォーマットとして使用できるデータサンプルを差し上げております。(wordのみ)
by gallerydojunkai | 2005-08-03 18:22 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■ホームページ(ブログ)・メルマガの重要性
■ホームページ(ブログ)・SNS(facebook,twitter)・メルマガの重要性

<ポイント>
(1)自分の作品のファンを作るというのは、長期的な取り組みが必要。
(2)郵便でのDMを継続することは、かなり難しい。
(3)多頻度・低コストによるコミュニケーションの質と量を増やすには、
  ホームページ(ブログ)・SNS(facebook,twitter)・メルマガはよいツール


(1)長期的な取り組み
知り合いなら、まあ付き合いで買ってくれるかもしれませんが、
まったく見ず知らずの方が、「素晴らしいという評価をいただけること」と、
「買っていただける」ことの間には、大きな隔たりがあります。

それを乗り越えることには、次の個展にもまた来ていただく、
また個展に来ていただいた方とお話をするということで、「人」も
気に入っていただくことが大事です。


(2)郵便でのDM送付の継続の難しさ

展覧会のお知らせが、DMはがきで送られると、うれしいものです。
ギャラリー巡りで展覧会に伺った際に、気に入った展示の場合には、
連絡先を書いてきます。
ですが、送る側にしてみると、その郵送コストもかなりのもの。
ですので、私の場合は、ハガキを貰って観にいった場合には、必ず
「ハガキでご案内いただいて・・・」とのお礼をいうようにしています。

ですが、残念なのは、「来場のお礼」を送ってくる律儀な方
なのに、次の展示の案内をいただけないことです。

たとえ訪問しなくても、届いたハガキが目に触れているわけですから、
「活動を続けている」ことを伝える効果があるのですが、来場といった形での
リアクションがないということで、途絶えてしまうのでしょうか。


(3)ホームページ(ブログ)・SNS(facebook,twitter)・メルマガ
最近、ご利用いただく方の、半分以上の方が、お作りのようですが、
まだ作られていない方には準備されることをおすすめしております。

作成のしやすさと見栄えの良さで言えば、
 facebook→twitter→各種ブログ/HP/メルマガ となります。

HPよりブログの方が、手っ取り早いです。
いずれの場合も、メリットとしては、
(a)新しく出会う方と名刺交換する場合に、名刺にURLをいれて
   おけば、HPがあるのだという認識される。
(b)名前で検索した場合に、検索結果として残る。
  ※ギャラリーでも、展覧会の開催前1ヶ月前から、1ページで
作っていますが、同じフォーマットでのものなので、表現や分量に限界

facebook, twitter以外のブログ・HPでは、
RSSや、メルマガの申込みができるようになっていると、
自分の作品のファンの予備軍(つまり、、メールや電話をかけて作家に
連絡をとるほどではないが、今後の連絡があったらあったでうれしいレベル)
の人にも末永く連絡が取れるからです。

★重要★
こちらのギャラリーでも、facebookとtwitterをお勧めしており、
一時的に使用する「登録用メアド」と「そのパスワード」を作成頂き、
HP担当者にご連絡いただければ、セットアップ的なことはサービスで
作業させていただいております。

※それ以上の操作については、facebookのマニュアルをお貸し出して、
 各アーティスト様にお願いしております。
(C)ギャラリー同潤会
by gallerydojunkai | 2005-08-03 18:13 | [初めての方へ]個展開催手引