表参道ヒルズ・同潤館のギャラリーからの「展覧会情報」,「貸し画廊予約状況」です。下記のカテゴリをクリックしてください。
by gallerydojunkai
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
HOME / schedule展覧会予定
展覧会 履歴 / archive
雑誌・TVの掲載・取材
予約状況 / availability
貸ギャラリー規約・料金/terms
写真(室内・外観) / photo
[初めての方へ]個展開催手引
スタッフブログ / blog
スタッフ用
メルマガ登録&twitter,FB
連絡先・地図 / contact,map
ブログパーツ
以前の記事
2019年 08月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 02月
2002年 06月
2001年 10月
2001年 02月
09/2/4 東京新聞掲載「パーキンソン病 彫刻家が再起 粥川仁平さん 体に無理ない『平面』に面白み」
2/4の東京新聞朝刊で記事が掲載されました。

粥川仁平 作品展 墨液でスペインを描く El Viento de Africa(アフリカからの風)
 09/2/11-16

【暮らし】
パーキンソン病 彫刻家が再起 粥川仁平さん 体に無理ない『平面』に面白み
2009年2月4日

作品制作に取り組む粥川仁平さん=岐阜県中津川市のアトリエで

e0091712_364888.jpg

 スペインで創作活動を続けてきた彫刻家・粥川仁平さん(60)が、難病の若年性パーキンソン病を乗り越え、再起した。不自由な体だが、逆転の発想で病状に合わせた作風に変え活動を再開した。今月には東京都内のギャラリーで個展を開く。 (山本哲正)

 粥川さんは、岐阜県の旧加子母村(現・中津川市)出身。愛知県立芸術大彫刻科大学院を修了後、立体の抽象表現に取り組んだ。スペインの芸術家に刺激を受けて一九八七年、妻の孝美さん(53)、長女圭さん(24)と現地へ。金属を使った彫刻を精力的に制作し、個展を開いてきた。

 国際舞台で活躍する“サムライアーティスト”の彫刻家・流(ながれ)政之さんにも、素材の磨きの腕を買われた。意欲的に作品を生み出していた十年ほど前、パスタを食べていてフォークをうまく回せなくなった。次第に体のこわばりは全身に広がる。

 病院を転々としていた二〇〇一年、スペインで病名を宣告された。パーキンソン病は、歩行が困難になったり、手の震えや筋のこわばりに悩まされる。体の自由が徐々に利かなくなる。

 立体作品は型を作るために粘土を練るが、肝心の力が入らない。大きなモニュメント制作を目指して体が勝負と思っていただけに、落ち込みは大きかった。絶望感を胸に創作活動から離れた。

 再起へのきっかけは孝美さんの一言だった。「一本の線でいい。帰国した娘に手紙を出して」

■線の力強さ
 意外なことに手紙に描かれた線は力強かった。週にはがきを二枚ずつ送ることは、粥川さんを勇気づけた。「失意に沈んでいて、創作が続けられるか考えられなかった。それが家族への『手紙』で気づいた」

 同じころ、スペインで現代芸術のアントニ・タピエスら世界的な芸術家の作品に触れ、平面作品の面白さに注目していた。

 帰国して故郷に戻り〇二年、平面作品の制作に本格的にとりかかった。絵筆を手に版画用紙にベースの墨を塗る。その上に和紙を張り立体感を加え、朱墨を入れていく。重厚さを備えた赤色は、太陽や熱風、山火事の炎にと、スペインで感じた「熱」を表現していく。

 粥川さんは薬を飲むと四時間は、歩いたり手を動かしたりできる。その時間を創作と、地元中学校の美術講師の仕事にあてている。

 教室で、上半身が大きく左右に揺れるつらさはあるが、チョークを握ると揺れはやむ。授業中に薬の効果が切れて動かなくなったこともあったが、学校側も「体を張って教える姿に、子どもたちも真剣になる」と見守る。

■11日から個展
 今回の個展「粥川仁平作品展 墨液でスペインを描く」は、東京・表参道の「ギャラリー同潤会」が「心に刻んだ情熱のスペインを伝えたい熱い思いに共感」、昨年の開催に続き会場を提供した。粥川さんの目には、表参道の並木道がスペインのマドリードでプラド美術館へと続く道と重なる。

 粥川さんは「病をきっかけに、墨を使いジャンルにとらわれない表現を見つけ出した。今は『作り続けたい』思いが『生き続けたい』とイコールで結ばれている」と語る。同展は十一-十六日。問い合わせは同ギャラリー=電03・5410・0660。
by gallerydojunkai | 2009-02-11 03:01 | 雑誌・TVの掲載・取材
<< 展覧会■09/2/21-22 ... 展覧会■2/11-16 粥川仁... >>