表参道ヒルズ・同潤館のギャラリーからの「展覧会情報」,「貸し画廊予約状況」です。下記のカテゴリをクリックしてください。
by gallerydojunkai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
HOME / schedule展覧会予定
展覧会 履歴 / archive
雑誌・TVの掲載・取材
予約状況 / availability
貸ギャラリー規約・料金/terms
写真(室内・外観) / photo
[初めての方へ]個展開催手引
スタッフブログ / blog
スタッフ用
メルマガ登録&twitter,FB
連絡先・地図 / contact,map
ブログパーツ
以前の記事
2018年 08月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 02月
2002年 06月
2001年 10月
2001年 02月
青参道アートフェア「アート業界の広報」の話
昨年から始まった、青参道アートフェア。

e0091712_23331243.jpg

表参道ヒルズの反対側の「楽器のカワイ」とMax&co.(マックスアンドコー)
の間の路地を、青山通りと表参道を結ぶ道ところから「青参道」と
呼び、アートを通してこの界隈にさらなる賑わいを!というもの。

上の写真の突き当たり、青い垂れ幕のかかっているのが、
このイベントのメイン会場「hpgrp GALLERY東京」
アッシュ・ペー・フランスというファッション、アクセサリーの
ブランドを数多く持つショップがもつギャラリーだ。

この日も、普段は商品を置いているスペースにも、
面白い作品が置かれていた。

このトークイベントの二回目が、アート業界でフリーで
広報業務をされている平晶子さん。
これまで、アーティストの専属や、リスボン建築ビエンナーレ等の
プロジェクト~現在の横浜トリエンナーレまでの経験された
エピソードを通して、耳寄りなお話がきけた。

そこで、そのいくつかをご紹介。

プロジェクトごとに、お声がかかる「フリーの広報」というのが
珍しいため、それが面白がられて、最初のツカミのきっかけ
としては、いい方に働いている、であるとか、

また、テレビに取り上げてもらうというのは、アート全般難しい
ものだが、それが現代アートではなおさら難しい。
横浜トリエンナーレでは、NHKに対して、外国人作家が
集まるという点を利用して、英語でしゃべらナイトでの
外国人へのインタビュー対象として取り上げてもらうように
提案し、採用された。
※その後、テレビ側との相談の上、オープニングパーティで、
 MCがボーイ役で、作家に接するというコーナーになった。

また、横トリは、3年ごとに開催であるため、流動性の高い
マスコミ業界では各雑誌の担当者が異動してしまい、
過去の資料が使えないという苦労がある。
(確かに、雑誌社にプレスリリースを送付した場合など、
同じ社内にいても、部署と担当者氏名が一致しないと、
「該当の者はおりません」という紙が貼られて送り返される。)

その他、基本的なところでは、
・「郵送」+「電話」。媒体は、2000件あるといわれて
いるため、送付先の選択に加えて、電話の際には、その雑誌等での
希望の掲載場所を把握した上でプッシュする。
など

e0091712_015647.jpg

実は、直線距離では近くにありながら、このhpgrp
galleryもなかなかいく機会がない。
普段近くまで来ている「何万人もの表参道歩行者」を
ちょっと取り込めるだけでもこのイベントは成功なのだろう。
by gallerydojunkai | 2008-11-02 23:10
<< 同潤館のツタが紅葉 情報■青山周辺、現代アートの催し3つ >>