表参道ヒルズ・同潤館のギャラリーからの「展覧会情報」,「貸し画廊予約状況」です。下記のカテゴリをクリックしてください。
by gallerydojunkai
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
HOME / schedule展覧会予定
展覧会 履歴 / archive
雑誌・TVの掲載・取材
予約状況 / availability
貸ギャラリー規約・料金/terms
写真(室内・外観) / photo
[初めての方へ]個展開催手引
スタッフブログ / blog
スタッフ用
メルマガ登録&twitter,FB
連絡先・地図 / contact,map
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 02月
2002年 06月
2001年 10月
2001年 02月
<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
展覧会■09/9/19-22  中谷基子展/ MOTOKO NAKATANI EXHIBITION【油彩と水彩】
─────────────────────────────────────────

2009年9月19日(土)~9月22日(火) 12:00-19:00(最終日-16:00)

中谷基子展/ MOTOKO NAKATANI EXHIBITION【油彩と水彩】

─────────────────────────────────────────

油彩と水彩の楽しみ

風景を透明水彩でスケッチする。
その水彩画を油彩で描いてみる。
次に大きくアクリルで描いて油彩で仕上げる。



e0091712_18274720.jpg『湖への道』
1620×1303mm
油彩

e0091712_18312077.jpg『秋声』
727×910mm
油彩

e0091712_1832359.jpg『小川のそばの羊飼いと牛
ジャン=フェルディナン・シェニョー作
1878年 油彩』 の模写
765×560mm
水彩



 ―プロフィール―
 兵庫県芦屋市出身
 東京在住

 ―近年の絵画活動―
 2007年 5月 フランス スケッチ旅行
     6月 グループ展 (大田区民プラザ)
     7月 グループ小品展 (銀座・ギャラリー路地裏)   
 2008年 5月 第104回太平洋展初出品 入選 (国立新美術館)
         入選作品油彩100号 洗足池図書館寄贈
     6月 グループ展 (アプリコ)
     6月 フランス スケッチ旅行
 2009年 5月 第105回太平洋展2点入選 佳作シュール賞受賞
     6月 グループ展 (大田区民プラザ)
     9月 個展 (ギャラリー同潤会) 

    ● 21日(月)午後 バイオリニスト/シオ(大阪在住)生演奏予定
by gallerydojunkai | 2009-09-15 18:22 | スタッフ用
緊急告知:森村泰昌からの手紙、「不平の合唱団」
(以下、引用1)は、下記のHPからの流用です。
http://www.morimura-ya.com/

来年から巡回開催の森村泰昌さんの個展の制作に
観客募集が行われている。正確に言うと、「いた」。

こちら、あっというまに、満員となった。作品作りに貢献できて、
コンサート気分が味わえる上に、サイン入りの写真がもらえたら、
ファンとしてはうれしい。

最近、こういった、アート作品のエクストラもしくは、
作品自体を形づくる活動に参加しませんかというのを
たびたび目にする。

森美術館でも、募集しているものがある。
>大声で不平を叫び、その負のエネルギーを前向きなエネルギーに
変えるアート・プロジェクト「不平の合唱団」の参加者を募集」
http://www.mori.art.museum/contents/mamproject/project010/index.html
その活動は、練習5回。18:30から2.5H。
更に
>練習会場までの交通費は自己負担となります。

こちらの企画は、10日たっても埋まらない。



---------------------------------------------(以下、引用1)
☆ 緊急告知:森村泰昌からの手紙

皆様へ
 
 美術家の森村泰昌です。皆様にお願いがあり、この手紙を
書いています。

 私は現在、新しい作品に着手しています。1945年、「硫黄
島にアメリカ海兵隊が上陸、スリバチ山に星条旗を立てる」と
いう有名な写真にインスパイアされ、私なりに想像力をふくら
ませて制作されるビデオ映像の作品です。
 この新作には「マリリン・モンローが、多くの観衆を前にピア
ノ演奏をする」というシーンがあります。 お願いというのは、
皆様に、このマリリン・モンローのピアノ演奏の「観客」として
参加していただけないか、ということなのです。当日は実際に
私がマリリンに扮してピアノ演奏をしますから、そういう一風
変わったピアノ演奏会、あるいはパフォーマンスを観に行く、
というおつもりで気軽にご参加いただけましたら幸いです。
 くわしくは、このHPのお知らせ・その他の欄をクリックして
ください。詳細事項と参加申し込みページを用意しています。

日程は10月5日(月)夜、場所は東京赤坂の草月ホール、
募集人数は約300名。多少の増員は可能ですが、満席の
際は参加していただけなくなるので、申し込みはどうぞお早
めにお願いいたします。この催しに御参加いただいた方々
には、当日モリムラよりすてきな小品写真(サイン入り)を
プレゼントさせていただき、参加の御礼にかえさせていただ
くつもりです。
 なおこの新作は、2010年3月より2011年4月まで約
一年間、東京都写真美術館を皮切りに、豊田市美術館、
広島市現代美術館、兵庫県立美術館で開催される、個展
「森村泰昌 なにものかへのレクイエム」(仮称)に出品
される予定です。皆様の参加、心よりお待ち申しあげます。  
     
森村泰昌                   
2009年9月7日

追伸: この手紙を興味ある方々にも転送していただけましたら嬉しいです。よろしくお願い申しあげます。


---------------------------------------------(以下、引用2)

「不平の合唱団」参加者を募集します!
先の見えない将来、不透明な政治、どことなく不安の漂う社会。いったい誰に向かって文句を言えば良いのかさえわからない時代です。こんな時代に、大声で不平を叫び、その負のエネルギーを前向きなエネルギーに変えるアート・プロジェクト「不平の合唱団」の参加者を募集します。
ヘルシンキを拠点に活動するユニット、テレルヴォ・カルレイネン(1975年、フィンランド、ロホヤ生まれ)+オリヴァー・コフタ=カルレイネン(1971年、旧東ドイツ、ドレスデン生まれ)が2005年に始めたこのプロジェクトは、イギリスのバーミンガムを皮切りに世界各地で実施されてきました。アーティストは各地を訪れ、地元の人たちから不平不満を集め、作曲者とともに元気の出る楽曲にまとめ、合唱練習を経て、参加者みんなでパブリックスペースで大声で不平を歌いあげます!
この度、日本で初めて、アーティスト本人も参加するオフィシャル《不平の合唱団―東京》が実現します。ぜひ、この機会に、溜まっている不平を世界の観客と共有してみませんか?

主催:森美術館、アカデミーヒルズ
「不平の合唱団」募集要項
■応募条件
歌唱や作曲の経験は問いません。
子どもから大人までどなたでも参加できます。
未成年者の方は保護者の方の同伴もしくは、保護者の方の同意が必要です。
募集要項記載の練習に参加でき、パフォーマンスに参加できる方のみを対象とさせていただきます。
■応募に際しての注意事項
応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選の場合は抽選結果に関わらずお知らせいたします。
練習会場までの交通費は自己負担となります。
合唱の様子は記録・編集され、映像作品として森美術館「MAMプロジェクト010」にて2009年11月28日(土)~2010年2月28日(日)上映されます。
映像作品は展覧会終了後もインターネットなどの媒体に掲出される可能性があります。
■ワークショップ・合唱練習日
第1回 10月23日(金)
第2回 10月30日(金)
第3回 11月4日(水)
第4回 11月8日(日)
第5回 11月12日(木)
18:30 - 21:00
18:30 - 21:00
18:30 - 21:00
14:00 - 17:00
18:30 - 21:00
■パフォーマンス・録音:11月13日(金)、14日(土)
■練習会場:六本木ヒルズ内
■合唱作曲:大口俊輔
 作曲家、ピアニスト、チャンチキトルネエド所属。舞台や映画などさまざまな分野で音楽作品を提供。
■定員:100名程度
■参加費:無料
■特典:《不平の合唱団―東京》CD、「MAMプロジェクト010」展覧会カタログ
■応募方法:森美術館ウェブサイト内申込専用フォームからお申し込みいただけます。
■応募期間:2009年9月1日(火)―9月30日(水)
■お問い合わせ先:
 〒106‐6150 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
 森美術館学芸部 パブリックプログラム「不平の合唱団募集」係
 Tel:03-6406-6101 Fax:03-6406-9351
by gallerydojunkai | 2009-09-11 01:27
9/9 オペラシティアートギャラリー無料
10周年で無料。
http://www.operacity.jp/ag/10th/

今の展示内容は、
鴻池朋子展
インタートラベラー 神話と遊ぶ人
-9.27

日曜美術館アートシーンで作家インタビューに取り上げられた話題
のものです。
by gallerydojunkai | 2009-09-09 07:42
展覧会■09/9/9-14  根津りえガラス絵「MUSICALな街角」【絵画】
────────────────────────────────────
2009年9月9日(水)~14日(月) 12:00~19:00(最終日-17:00)
 根津りえガラス絵「MUSICALな街角」【絵画】
────────────────────────────────────

e0091712_447509.jpg「ラ・マンチャの男」
2009年
230㎜×230㎜
アクリル絵具

e0091712_4481649.jpg「オンフルールの猫」
2009年
230㎜×230㎜
アクリル絵具

e0091712_4483782.jpg「屋根の上のトリオ」
2009年
230㎜×230㎜
アクリル絵具





◇展覧会概要

 旅のガラス絵シリーズ、今回のテーマは「ミュージカル」。
 ポーランド、ルーマニア、ベルギー、スウェーデン、スペイン、ギリシャ、
 オーストリア、フランス、ポルトガル … etc. いろんな国の小さな街角
 を舞台に、猫や犬や人間たちが、ちょっとおかしなミュージカルショーを
 繰り広げます。


◇作家プロフィール
 根津りえ/RIE NEZU

 東京生まれ
 女子美術大学・造形学科・絵画卒業
 建築設計デザイン、編集デザイン、テキスタイルデザイン等の仕事を経て、
 1997年よりイラストレーション、2002年よりガラス絵の仕事を平行して
 始める。
 http://www.rie-nezu.com



◇主なガラス絵個展

 2002年「旅のガラス絵」南青山ピガ画廊
 2003年「旅の空」南青山ピガ画廊
 2004年「青空・星空・旅の空」銀座松屋・遊びのギャラリー
 2005年「AMERICA館」南青山ピガ画廊
 2007年「街まちの猫たち」南青山ピガ画廊
by gallerydojunkai | 2009-09-08 04:27 | スタッフ用