表参道ヒルズ・同潤館のギャラリーからの「展覧会情報」,「貸し画廊予約状況」です。下記のカテゴリをクリックしてください。
by gallerydojunkai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
HOME / schedule展覧会予定
展覧会 履歴 / archive
雑誌・TVの掲載・取材
予約状況 / availability
貸ギャラリー規約・料金/terms
写真(室内・外観) / photo
[初めての方へ]個展開催手引
スタッフブログ / blog
スタッフ用
メルマガ登録&twitter,FB
連絡先・地図 / contact,map
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 02月
2002年 06月
2001年 10月
2001年 02月
<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
展覧会■09/2/25-3/2 「- ku - Mami Kubota Exhibition」(久保田 磨美)【インスタレーション】
───────────────────────────────────
 2009年2月25日(水)~3月2日(月)12:00-19:00(最終日-17:00)
「- ku - Mami Kubota Exhibition」(久保田 磨美)【インスタレーション】
───────────────────────────────────

e0091712_8411760.jpg久保田 磨美
” ku ”, 2007~2009
絹糸
300×300×300㎝
e0091712_842790.jpg
e0091712_8422928.jpg

◇展覧会概要

『ku』は、「生と死のサイクルの一過程に存在する身体」を
テーマとし、何世代にもわたって生と死を繰り返してきた結果
生まれてきている私達は、自己の存在をいかに認識し、いかに
知覚しているかを問う作品です。

タイトルは、「空気」「空間」「空想」といった、実体の
ないものを示す「空」から発想しましたが、同時に「諸々の
事物は縁起によって成り立ち、固定的実体を持たない」という、
仏教における根本真理を含意しています。

身体とは「空間」に属すことでその存在が確実となり、
時間や環境とともに常に変化を続ける「空」であると言えます。

作品の素材である絹糸は、古くから衣服として身体を保護し、
私達の生活に深く関わっていますが、時間や光のあたり方に
よって見えたり見えなくなったり、視覚的な実体をつかみ
にくい素材でもあります。絹糸もまた常に変化を続ける「空」
なのです。

『ku』は、身体と空間を結びつける糸であり、また、自己の
存在を確認する場です。「今ここにある身体」を見つめ直す場
として、多くの人に共有してもらいたいと思います。


◇作家プロフィール

久保田磨美 

<略歴>
 1982年 群馬県生まれ
 2005年 女子美術大学芸術学部ファッション造形学科卒業
 2007年 同大学院美術研究科修士課程ファッション造形領域修了
 主に布や糸を使った造形作品や舞台衣装を制作。

<活動歴>
 2006年 オペラ「ちゃんちき」衣装デザイン(群馬県にて公演)
 2007年 「体~空 三人展」(ギャラリーKINGYO/千駄木)
     オペラ「フィガロの結婚」衣装デザイン(群馬県にて公演)
     「Art kawasaki 2007」アートユニット「フラホロ」と
      して参加(Think敷地内/川崎)
 2008年 「ギャラリーKINGYO 小品展」(ギャラリーKINGYO/千駄木)
by gallerydojunkai | 2009-02-24 08:38 | スタッフ用
展覧会■09/2/21-22 from/to 何でもない日の贈りもの(桑沢デザイン研究所PD&VD有志展)
──────────────────────────────────────
 2009年2月21日(土)~22日(日)12:00-19:00(最終日-17:00)
 from/to 何でもない日の贈りもの(桑沢デザイン研究所PD&VD有志展)
──────────────────────────────────────

e0091712_9185449.jpg

 ○展覧会概要

  桑沢デザイン研究所 にてプロダクト/ビジュアルデザインを学ぶ学生による
  作品展示。「贈りもの」をテーマとした作品を展示/販売します。

  身近な小物や雑貨などのオリジナル商品から、「世の中にこんなものが
  あったらいいな」という新しい価値の提案まで、 幅広い視点から、温かい
  「贈りもの」のかたちを表現しました。


 ○オープニングレセプション 20日(金)17:00-18:30

 ○Webサイト http://fromto11.web.fc2.com/

 ○問い合わせアドレス from_to_11@yahoo.co.jp
by gallerydojunkai | 2009-02-17 08:59 | スタッフ用
09/2/4 東京新聞掲載「パーキンソン病 彫刻家が再起 粥川仁平さん 体に無理ない『平面』に面白み」
2/4の東京新聞朝刊で記事が掲載されました。

粥川仁平 作品展 墨液でスペインを描く El Viento de Africa(アフリカからの風)
 09/2/11-16

【暮らし】
パーキンソン病 彫刻家が再起 粥川仁平さん 体に無理ない『平面』に面白み
2009年2月4日

作品制作に取り組む粥川仁平さん=岐阜県中津川市のアトリエで

e0091712_364888.jpg

 スペインで創作活動を続けてきた彫刻家・粥川仁平さん(60)が、難病の若年性パーキンソン病を乗り越え、再起した。不自由な体だが、逆転の発想で病状に合わせた作風に変え活動を再開した。今月には東京都内のギャラリーで個展を開く。 (山本哲正)

 粥川さんは、岐阜県の旧加子母村(現・中津川市)出身。愛知県立芸術大彫刻科大学院を修了後、立体の抽象表現に取り組んだ。スペインの芸術家に刺激を受けて一九八七年、妻の孝美さん(53)、長女圭さん(24)と現地へ。金属を使った彫刻を精力的に制作し、個展を開いてきた。

 国際舞台で活躍する“サムライアーティスト”の彫刻家・流(ながれ)政之さんにも、素材の磨きの腕を買われた。意欲的に作品を生み出していた十年ほど前、パスタを食べていてフォークをうまく回せなくなった。次第に体のこわばりは全身に広がる。

 病院を転々としていた二〇〇一年、スペインで病名を宣告された。パーキンソン病は、歩行が困難になったり、手の震えや筋のこわばりに悩まされる。体の自由が徐々に利かなくなる。

 立体作品は型を作るために粘土を練るが、肝心の力が入らない。大きなモニュメント制作を目指して体が勝負と思っていただけに、落ち込みは大きかった。絶望感を胸に創作活動から離れた。

 再起へのきっかけは孝美さんの一言だった。「一本の線でいい。帰国した娘に手紙を出して」

■線の力強さ
 意外なことに手紙に描かれた線は力強かった。週にはがきを二枚ずつ送ることは、粥川さんを勇気づけた。「失意に沈んでいて、創作が続けられるか考えられなかった。それが家族への『手紙』で気づいた」

 同じころ、スペインで現代芸術のアントニ・タピエスら世界的な芸術家の作品に触れ、平面作品の面白さに注目していた。

 帰国して故郷に戻り〇二年、平面作品の制作に本格的にとりかかった。絵筆を手に版画用紙にベースの墨を塗る。その上に和紙を張り立体感を加え、朱墨を入れていく。重厚さを備えた赤色は、太陽や熱風、山火事の炎にと、スペインで感じた「熱」を表現していく。

 粥川さんは薬を飲むと四時間は、歩いたり手を動かしたりできる。その時間を創作と、地元中学校の美術講師の仕事にあてている。

 教室で、上半身が大きく左右に揺れるつらさはあるが、チョークを握ると揺れはやむ。授業中に薬の効果が切れて動かなくなったこともあったが、学校側も「体を張って教える姿に、子どもたちも真剣になる」と見守る。

■11日から個展
 今回の個展「粥川仁平作品展 墨液でスペインを描く」は、東京・表参道の「ギャラリー同潤会」が「心に刻んだ情熱のスペインを伝えたい熱い思いに共感」、昨年の開催に続き会場を提供した。粥川さんの目には、表参道の並木道がスペインのマドリードでプラド美術館へと続く道と重なる。

 粥川さんは「病をきっかけに、墨を使いジャンルにとらわれない表現を見つけ出した。今は『作り続けたい』思いが『生き続けたい』とイコールで結ばれている」と語る。同展は十一-十六日。問い合わせは同ギャラリー=電03・5410・0660。
by gallerydojunkai | 2009-02-11 03:01 | 雑誌・TVの掲載・取材
展覧会■2/11-16 粥川仁平 作品展 墨液でスペインを描く El Viento de Africa(アフリカからの風) 【絵画】
────────────────────────────────────────────────
2009年2月11日(水・祝)~16日(月)12:00-19:00(最終日-17:30)
粥川仁平 作品展 墨液でスペインを描く El Viento de Africa(アフリカからの風) 【絵画】
────────────────────────────────────────────────


e0091712_251160.jpg1-アフリカからの風(朝の風)
私達の住んでいたスペインの最南端のフェンヒローラ(Fuengirola)の夏を告げる海の日には、海の女神カルメンの祭りがあります。
そんな日の日の出は地中海のコスタデルソル(Costa del Sol)にくっきりと鮮明な夏の色をこれから吹く暑い風を予告するかのように力強く照らすのでした。

e0091712_254246.jpg
2-アフリカからの風(昼の風)
昼間の暑い風をのがれて、小高い丘の村ミハス(Mijas)のオリーブの木陰でシエスタ(Siesta、お昼寝)
ポッカリ浮かぶのどかな雲にアフリカからの風の暑さを忘れるような・・・


e0091712_26959.jpg
3-アフリカからの風(夜の風)
40度を越すほどのアフリカからの風が吹いた夜はまるで昼間の出来事がうそのような涼しい風が吹き夏の暑さを癒してくれます。
夕日にさよならして海岸のパセオ!
ビールCruzcampoやカフェコンレチェ(cafe con leche、カフェオレ)で夏のおしゃべり・・・



◇ 展覧会概要

アフリカの対岸、スペインの最南端にある地中海の漁村マラガ県
フェンヒローラ市(Fuengirola)。そこに移り住んだ作家は、子どものために
持っていった和紙と墨汁がきっかけとなり、これまで彫刻アイデアのデッサン程度
でしかかかわることのなかった平面作品に取り組むこととなる。
真夏の国のスペインの空気の中で、抽象表現主義作家のタピエスを意識しながら
心象風景を形にした作品を発表してきた。本展では、昨年のギャラリー同潤会
で発表した作品”アフリカからの風”にスポットをあて、素材として金属を加えた作品、
半立体化させた作品など新たな展開をさせている。


◇ プロフィール 粥川仁平 JINPEI KAYUKAWA

1949年、岐阜県中津川市加子母村生まれ。愛知県立芸大・彫刻科卒。
御岳山裏木曾の長い冬の雪解け、つららなどの自然現象を
金属(ブロンズ、ステンレス)・黒陶を使った立体の抽象表現による制作を
東京で続けてきた後、スペイン人のタピエス(バルセロナ出身)の抽象表現主義、
チリダ(サンセバスチャン出身)の彫刻の形に影響を受け、87-92年スペインに移住。
現在、岐阜県の加子母に在住。
その後、パーキンソンを発病し、一時期制作できない時期もあったが、再開。


◇ 粥川仁平   略歴
1949   岐阜県生まれ
1973   愛知県立芸術大学美術学部彫刻科卒業
1975   同       大学美術学部彫刻科大学院修了
1977   個展 ギャラリーオカベ(東京)
1978   個展 ギャラリーオカベ(東京)
       神戸須磨離宮現代彫刻展エスキース展(神戸)
       読売現代美術展(名古屋)
1980-81在イタリア・スペイン
1982   グループ展 ギャラリーキュービック(豊橋)
1983   個展 ギャラリー山口(東京)
       グループ展 ギャラリーキュービック(豊橋)
1984   個展 ギャラリー山口(東京)
1985   個展 ギャラリー山口(東京)
       現代美術展 (岐阜県美術館)
       立志の塔制作(加子母中学校)
1986   個展 ギャラリィー山口(東京)
1987-92在・スペイン(家族で移住)
1987-   在スペイン外国人作家展(スペイン・マドリッドコンセプト大学)
       個展 Galeria Pizaro(スペイン・マラガ)
1989-  在スペイン外国人作家展(スペイン・マラガ)
1991-  Fuengirola(フエンヒローラ市)企画展
       個展 Casa de la Cultura(スペイン・フエンヒローラ)
       トレモリーノス市企画展
       個展 Casa de la Cultura(スペイン・トレモリーノス)
       個展 Galeria Pozuelo(スペイン・マドリッド)
1994   個展 ギャラリーGaro(名古屋)
       日本現代陶彫展特別賞(岐阜県・土岐市)
1995   個展 ギャラリーGaro(名古屋)
1996   日本現代陶彫展入選(岐阜県・土岐市)
       個展 ギャラリーGaro(名古屋)
1997   日本現代陶彫展特別賞(岐阜県・土岐市)
      モニュメント「太陽の門」制作(名古屋市 レインボー黒川スポーツトレーニングセンター)
1999   個展 ギャラリーGaro(名古屋)
2001   パーキンソン病発病の為、スペインにて静養(一本の線による制作開始)
2001   帰国し、加子母にて再び制作開始
2002   ユーモア陶彫展入選(岐阜県・土岐市)
       平面制作を本格的に開始(一本の線シリーズをまとめる)
2006   個展 「一本の線から」(パーキンソンと共に復活個展) アートランド(岐阜県・中津川市)
2008   個展 「墨液でスペインを描く」 ギャラリー同潤会(東京都・表参道)
                                                  以上

※新聞掲載情報
2009/2  東京新聞・暮らし欄(2/4朝刊) 粥川仁平 作品展 墨液でスペインを描く El Viento de Africa(アフリカからの風) 【絵画】 作家の半生を描く特集記事(記事内容はこちら
by gallerydojunkai | 2009-02-10 01:53 | スタッフ用
展覧会■2/4-9 「寺田忍展 包帯フェスタ<包景~ホーケイ>」(寺田忍)【インスタレーション・包帯アート】
──────────────────────────────────────
 2009年2月4日(水)~2月9日(月)12:00-19:00(最終日-17:00)
 「寺田忍展 包帯フェスタ<包景~ホーケイ>」(寺田忍)【インスタレーション・包帯アート】──────────────────────────────────────

e0091712_1241824.jpg

e0091712_1243777.jpg

e0091712_1245453.jpg

◇展覧会概要

 包帯の柔らかい感触や匂いは、いつも私を懐かしい気持ちにさせてくれます。
 '98年から、この不可思議な素材に惹かれて作品を制作し続けています。
 今回の個展では幼かった頃に私を取り囲んでいた家具に包帯を巻いた
 インスタレーション作品を展示いたします。

 「痛々しさ」ではなく、「懐かしさ」を感じていただけたらと思っております。


◇寺田忍 略歴
 1998年 桑沢デザイン研究所卒業
 2008年 個展「包帯フェスタ」(アートスペース銀座ワン/銀座)
       個展「包帯フェスタ<包霊~ホーダマ>」(青樺画廊/銀座)
       個展「包帯フェスタ<包夢~ホーム>」(スペースQ/銀座)
 ※09.12個展開催内容

 東京展・会員/新象展・準会員
 包帯アートBLOG~by寺田忍 http://ho-tai.at.webry.info/
by gallerydojunkai | 2009-02-03 12:11 | スタッフ用
森美術館「チャロー!インディア」ジャスティン・ポンマニの写真をgoogle MAPで読み解く ①
森美術館「チャロー!インディア」ジャスティン・ポンマニの写真
をgoogle MAPで読み解く ①

現在、六本木ヒルズ・森美術館で開催中の、
「チャロー!インディア:インド美術の新時代」を見に行った。

ジャスティン・ポンマニ(Justin Ponmany)の2作品は、
1つは、労働者風の男の頭部が、皮を剥がされて、
それを平らに伸ばしたような作品。

もう一つが、茶色の皮で作られた楕円形の中に、
白い線が描かれている。クリケットのボールだそうだ。

こちらがその写真(カタログより)

e0091712_3265292.jpg

作品名は、
《c,h,sアシムサ通り ランジャナ3番地》
3 Ranjana c.h.s Ahimsa Marg
で、2006年の作品だ。

カタログには、
ダイナミックに変化しつづけるムンバイという大都市とそこに
生きる人々が、彼に作品のインスピレーションを与えている。
(略)彼はこれら一連の作品を「拡張されたポートレート」と呼び、
一つのフレームに人物と彼を取り巻く世界を収めようとした。(略)

それで、なんとなく納得もしたが、タイトルになっている
住所が気になった。たぶん写真の被写体の人なり、モノと
その場所で見つけたのだろう。どんなところなのだろうか。

実は、歴史的な出来事のあった場所で、インド人だと、
知らない人はいないのではないか、だから作品として
成立しているのかも、とも考えた。
「宮城県釜石市」といえば、ラグビーを思い出すように。

そこで、グーグルマップを使って調べた。

最初は、タイトルどおりに入れてみたが、
該当の箇所がないといわれる。その後、語数を減らしつつ、
減らしすぎても、特定ができないため、やっと
見つかったのが、「Ahimsa Marg」で検索したこのシーン。

http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=Ahimsa+Marg&jsv=143c&sll=19.148102,72.946322&sspn=0.002443,0.003369&gl=jp&ie=UTF8&latlng=19073375,72832473,13394086640026232099&ei=INCFSamDEaPWugPwuZj7Ag&sig2=RWpUNisOyjuVauSpxhybqg&cd=1

e0091712_344348.jpg

なんと、
地上の楕円形の道路が、写真の左半分と似ているのだ。

カタログには、全部で、4作品が残っているので、
近いうちに、男性の顔「シャンカル寺近く~」を調べてます。

by gallerydojunkai | 2009-02-02 01:55
森美術館「チャロー!インディア」ジャスティン・ポンマニの写真をgoogle MAPで読み解く ②
森美術館「チャロー!インディア」ジャスティン・ポンマニの写真
をgoogle MAPで読み解く ②

現在、六本木ヒルズ・森美術館で開催中の、
「チャロー!インディア:インド美術の新時代」を見に行った話の続き。

ジャスティン・ポンマニ(Justin Ponmany)の2作品のうちの
一つ目が、労働者風の男の頭部が、皮を剥がされて、
それを平らに伸ばしたような作品。

カタログでは、
(略)労働者風の男がモデルだが、クローズアップの頭部写真は、
まるで剥いだ動物の皮か、世界地図のように横長に展開する。
彼は、これら一連の作品を「拡張されたポートレート」と呼び、
一つのフレームに人物と彼を取り巻く世界を収めようとした。
全方向から、撮影されたイメージは、外見や情報に操作される
個人や、他人を監視する社会を告発するようであり、地図と
同一視された頭部は、自己のアイデンティティを境界線は
どこにあるのかを問いかけるようでもある。
とある。

こちらがその写真(カタログより)

e0091712_28533.jpg

作品名は、
《シャンカル寺近く、アチャーナック町 ゼラ・チャウル12号室》
《Room No.12, Zehra Chawl, Achanak Nagar, Near Shankar Mandir》
で、2007年の作品だ。

これも、グーグルマップを使って調べた。

やっと見つかったのが、「"Shankar+Mandir" Mumbai」で検索した
このロケーション。

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&lr=&ie=UTF-8&q="Shankar+Mandir"+Mumbai&fb=1&split=1&gl=jp&cid=1274094396120377721&li=lmd&z=14&t=m

今回は、それだけではだめで、
この状態で、視点を(自分のアタマを)150度右回りに回転させる。

e0091712_72376.jpg

今度は、おでこに沿ってM字を描き生える髪の毛のモシャモシャと
地表の林のモシャモシャ具合が、似てる。かも(笑)。
ドラッグして地図を動かしながら、ちょうどいいフレーミングを決めるのが
楽しい。
by gallerydojunkai | 2009-02-02 01:54