表参道ヒルズ・同潤館のギャラリーからの「展覧会情報」,「貸し画廊予約状況」です。下記のカテゴリをクリックしてください。
by gallerydojunkai
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
HOME / schedule展覧会予定
展覧会 履歴 / archive
雑誌・TVの掲載・取材
予約状況 / availability
貸ギャラリー規約・料金/terms
写真(室内・外観) / photo
[初めての方へ]個展開催手引
スタッフブログ / blog
スタッフ用
メルマガ登録&twitter,FB
連絡先・地図 / contact,map
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 02月
2002年 06月
2001年 10月
2001年 02月
<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
情報■Mariko Takeda, SUMO ドローイング@杉並atelier thyme
08/4/30-5/5に当ギャラリーで開催の、
竹田真理子さんのSUMO ドローイング展が、開催されています。
e0091712_1285957.jpg
by gallerydojunkai | 2008-08-26 12:08
■ネタ■おすすめです。劇団四季「ブラックコメディ」
年に5,6回、劇を見に行くのですが、9月末から公演の
劇団四季「ブラック・コメディ」はおすすめです。

現在、そのチケットがプレオーダー中です。

ひと言で言うと、「停電でのドタバタ」コメディで、
ベースとなるストーリーは、まあどこかにありそうな
ものなのですが、その「停電の状況」の見せ方が
ミソなのです。

これはぜひ、予備知識抜きで、見に行っていただきたい
ところですが、少し不安のある方は、公式HPをご参照下さい。

────────────────────────────────────
──
 劇団四季『ブラックコメディ』 <9~10月分>
            東京公演 プレオーダーのお知らせ
────────────────────────────────────
──

公演詳細・お申込みは下記のURLからどうぞ
http://click.eplus.jp/?4_616521_69736_1

プレオーダー:8/26(火) 12:00 ~ 8/28(木) 18:00

一般発売  :8/30(土)10:00

公演名   :劇団四季『ブラックコメディ』

公演日・会場:9/27(土)28(日) 
       10/1(水) ~ 10/26(日) 
       自由劇場(浜松町)
by gallerydojunkai | 2008-08-25 12:26
展覧会■8/20-25 【ふ・た・り・て・ん】 (石川由美子・岩澤昌美)【ミクストメディア・日本画】
────────────────────────────────
 2008年8月20日(水)~8月25日(月)12:00-19:00(最終日-17:00)
  【ふ・た・り・て・ん】
────────────────────────────────

e0091712_17104594.jpg石川由美子
「magic」
F6

e0091712_1785818.jpg岩澤昌美
「止まらない季節」
S30

◇展覧会概要

女子美術大学大学院出身(平成11年修了)の石川由美子(ミクストメディア)と
岩澤昌美(日本画)による展覧会。


今回発表する作品は、私の内に潜んでいたものを形にした、私的日記です。
自分はいびつな歪みをもつ人間だけれど、そのゆがみでさえ自己表現として
投影したかったのです。

画材に関してはアクリル・コラージュ・岩絵具を用いたミクストメディアの作品を
少しずつ作っていましたが、そこからつながる複合的な画材の融合にこだわって
作品に取り組んでみました。

                                  -石川由美子-


風景、出来事、人々・・・自分を取り巻く様々なことが日々変化しています。
今につながる過去、未来につながる今、もう戻れない時間や空間、大きな
流れの中にある一瞬のきらめきを愛しく思い、風景作品にしました。

                                   -岩澤昌美-


◇石川由美子のブログ http://ameblo.jp/yutuki910/
by gallerydojunkai | 2008-08-19 16:44 | スタッフ用
8/15 Parallel World, 富岡八幡宮例大祭
先週金曜日、都現代美術館にいったところ、館前の広場に、神輿が
置かれ、小さな縁日をやっていた。テキヤさんではないため、
やきそば150円、フランクフルト100円という、かなりお手ごろ価格。

帰りに、バスで東京駅に帰ったのだが、停留所を8つ分位過ぎる間に、
三箇所くらいで、神輿の準備をしている光景が車窓から見えた。
永代一丁目と二丁目など、目と鼻の先だ。

聞けば、今年の8/17が、富岡八幡宮の3年に一度の例大祭。
元々、祭りの参加も、東は東陽町、 西は隅田川越えて日本橋新川、
南は越中島、北は白河とずいぶん広い。
地下鉄の路線や駅でしか、街をみれなくなっているが、昔は
こういうコミュニティが基本だったのだなと。

HPを見ると、神輿の鳳凰の目にダイヤモンドが使われている他、
貴金属そうだ。
http://www.tomiokahachimangu.or.jp/htmls/maturih2.htmlこちらの祭りの様子写真(境内に入り乱れる人)で行く夏を
惜しんだ。
http://www.tomiokahachimangu.or.jp/htmls/maturih1.html


なお、見に行ったのは、パラレルワールド。
(ディレクション:アーティストのユーグ・レプさん)特によかったのが、
名和晃平さん。名和さんは、ギャラリー内に、まぶしいくらいの白さに
包まれた部屋に、5-6個のプリズムボックスの中に、動物などを入れた
「Prism」シリーズを展示。

また、常設展でも、透明なガラスビーズを、剥製に貼り付けるシリーズ
の小鹿が展示中だった。
http://parallelworlds.mot-art-museum.jp/
by gallerydojunkai | 2008-08-15 14:47
情報■「~時代を泳ぐ写真たち~ 韓国人が知る日本の写真文化(仮)」~向風学校~
現在東京大学に研究生として来日してい人がパブリック・トークを
行います。

元々アカデミックな論文として発表されたものをパブリック用に
モディファイしたもので、戦前に日本で研究用に撮影された
「魚の写真」が長い年月を経て韓国で発見、2004年に同国の
アートギャラリーで展示されたという少しミステリアスな出来事を取り上げ、
そこに潜む科学と写真のムムムな関係について考えてみる、
という非常に興味深い話になっています。

トークの詳細については以下をご覧下さい。

~向風学校 夏の特別講義シリーズ 第3回~
「~時代を泳ぐ写真たち~ 韓国人が知る日本の写真文化(仮)」

日程:2008年8月9日(土)

場所:東京・世田谷美術館(美術館の展示内容とは一切関係ありません)
最寄り駅:東急田園都市線 用賀駅 徒歩15分

受付開始時間:17時30分、世田谷美術館内展示分室にて
開始時間:18時15分

聴講料:500円(入館料1000円別途)

講師:金桂園(キム・ゲウォン、マギル大学大学院美術史学・コミュニケーショ
ン学科博士課程在籍、現・東京大学留学生)
by gallerydojunkai | 2008-08-08 19:48
アネット・メサジェ展オープニング
2週間ほど前になるが、森美術館アネット・メサジェ展の
オープニングを見る機会があった。

現在65歳になる作家の回顧展で、ぬいぐるみや布を使った
作品を、手の込んだインスタレーションでうまく仕上げて
おり、また作品も多様なタイプがあり、観客をあきさせない。

レセプションでは、最初が、森美術館館長、巡回展であるため
ポンピドーの館長という、場慣れしたお二人のスピーチが、
かなり盛りだくさんな内容で、逐次通訳ということもあって
少し長い。

その後、森美術館でのキューレーティングをした、逢坂恵理子さん
とアネットメサジェさんのお二人が登壇。
逢坂さんから「3週間、毎日9-6時のフルタイムで、我々スタッフ
と一緒に展示作業に携わってくれたことに感謝する」といった
言葉のあと、いよいよ今日の主役メサジェさんのスピーチ。

「わたしは、こういう場でスピーチするのは、得意ではありません。
わたしの言いたいことは、すべて作品が語ってくれます。」
といって、通訳し終わる前に、席へ戻っていく。
場内、笑うべきなのか躊躇気味の小さな笑いと、どよめきが起こる。
決して機嫌が悪かったのでもないはずで、狙い通りのインパクトを
与えたのかもしれない。

展覧会概要HP
http://www.mori.art.museum/contents/annette/exhibition/index.html

e0091712_1392013.jpgメサジェさん(右)、逢坂恵理子(左、森美術館アーティスティック・ディレクター)
e0091712_1395026.jpg荒木珠奈さん(右)、荒木夏実さん(左、森美術館キュレーター)
by gallerydojunkai | 2008-08-08 15:58