表参道ヒルズ・同潤館のギャラリーからの「展覧会情報」,「貸し画廊予約状況」です。下記のカテゴリをクリックしてください。
by gallerydojunkai
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
HOME / schedule展覧会予定
展覧会 履歴 / archive
雑誌・TVの掲載・取材
予約状況 / availability
貸ギャラリー規約・料金/terms
写真(室内・外観) / photo
[初めての方へ]個展開催手引
スタッフブログ / blog
スタッフ用
メルマガ登録&twitter,FB
連絡先・地図 / contact,map
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 02月
2002年 06月
2001年 10月
2001年 02月
<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
展覧会■小林キユウ写真展「ミツバチを育てながら。」
┌─────────────────────────────
□ 2006年11月30日(木)~5日(火)12:00-19:00(最終日-17:00)
□ 小林キユウ写真展「ミツバチを育てながら。」
└─────────────────────────────
e0091712_13394020.jpg春遅き信州、そして一瞬の夏。ミツバチと花々を想った
故郷への時間。ハチミツ好きが高じて、ミツバチを
飼い始めてしまった僕と妻。もちろん、予備知識は一切なし。
難しい専門書を読んでいるうちに我が家にミツバチが届いて
しまいました。右も左も分からないままミツバチ1万5千匹を
相手に「小林ハニー」の収穫目指して悪戦苦闘です。
信州の美しい自然とミツバチたちのひそやかな営みに
静かにカメラを向けました。

e0091712_13414162.jpgプロフィール
小林キユウ
1968年長野県茅野市生まれ。
写真家にして、日曜養蜂家。
著書多数。

e0091712_13421551.jpghttp://www.kobayashi-kiyu.com
by gallerydojunkai | 2006-11-29 13:28 | スタッフ用
情報■展覧会の感想を書く気になるよい方法
どの展覧会へ行ったかの記録はなんとかつけているが、感想となると
なかなかおぼつかない。自分用のメモなら、◎○▲くらいでもいいとは思うのだが。

「月刊ギャラリー」に読者からの投稿を基にした、
「今月のランキング Best & Worst」というこの展覧会は
良かった悪かったというのを載せるコーナーがある。

そのランキング作成のために、「感想」を募集するモニターを行っている。

ちなみに、11月号のベストとワーストは、

Best
1. 国宝風神雷神図屏風出光美術館
2. 人間国宝 三輪壽雪の世界東京国立近代美術館[工芸館]、朝日新聞社)
3. プライス・コレクション「若冲と江戸絵画」展(東京国立博物館・平成館、)
4. モダンパラダイス展(東京国立近代美術館、日本経済新聞社)

Worst
1. モダンパラダイス展(東京国立近代美術館、日本経済新聞社)
2. ペルシャ文明展(東京都美術館、朝日新聞)
3. 日曜美術館30年展(東京芸大大学美術館、NHK)

主催するマスコミ会社を拾ってみたが、1勝1敗という感じ。

---------------------------------------------(以下、雑誌から引用)
ギャラリーモニター大募集
ご覧になった展覧会の感想をお聞かせいただく
モニターを募集しています。

ご希望のかたは、
・住所・氏名・年齢・職業・電話番号と
・展覧会の感想(いくつでも可、100字以上)
を明記の上、編集部まで
郵送、ファックス、Eメールにてお送りください。

締切は、毎月5日です。
★感想をお送りいただいた方には、様々な美術展の招待券
を差し上げています。
Email: gyara-club@g-station.co.jp

---------------------------------------------(引用ここまで)

書く気になる「よい方法」といえるかは自信がない。
by gallerydojunkai | 2006-11-24 10:48
展覧会■11/23-28「第4回 長濱博之 イラストレーション展」
┌─────────────────────────────
□ 2006年11月23日(木)~28日(火)12:00-19:00(最終日-17:00)
□ 「第4回 長濱博之 イラストレーション展」
└─────────────────────────────

e0091712_21375446.jpg
今回のメインイラストレーションとなります、「渋谷川の四季」 は、東京・渋谷川
の四季の変化を描いた4枚の連作となっております。

春・夏・秋・冬・・・日本の風景は彩り豊かに4つの変化を私達に楽しませてくれま
すが、この渋谷川の風景には どんな四季が訪れるでしょうか?

気候の変化や、移り変わる人々の様子とともに、渋谷川の四季をお楽しみ下さい。

会場には私、長濱博之もおりますので、皆様のご来場をお待ちしております。



「プロフィール」 
長濱博之 1978年生まれ 三重県出身。 現在 東京在住。
アニメーション製作会社を退社後、フリーの絵描きとして活動中。

製作画材はコンピューターを使用した、フルデジタル作品。
コンピューター特有のドット描画で、デジタルの中にも暖か
なアナログの質感を表現。


HPアドレス http://www3.ocn.ne.jp/~mr.brown/ 
by gallerydojunkai | 2006-11-22 21:32 | スタッフ用
取手アートプロジェクト(TAP)2006見学
※追記(11/24)-----------------------
先日実施された、バスツアーが好評につき、11/25(土)実施されるとのことです。
詳細は、TAPのHPをご参照ください。
http://www.toride-ap.gr.jp/
----------------------------------------

TAP(取手アートプロジェクト)にバスツアー(運営スタッフの熊倉純子
さん(東京芸術大学助教授)の解説が聞ける)に合わせ行った。

TAPは、99年から続いているもので、市民/行政/東京芸大 の3者で、
行われているプロジェクトで、全国的な「公募展」と「オープンスタジオ」
といって取手在住作家の活動の紹介を交互に行っているが、
毎回新しいコンセプトの元行われている。

美術や、演劇、音楽など他分野にわたる現代アートを扱い、また地域に
住むアーティストを貴重な人的財産とし、市民中心の運営かつ大学という
教育機関も絡んだ地域づくりを目標にしているところに特徴がある。

本年度の応募課題「街・音・かたち」とし、現代美術、演劇やパフォーマンスなどの
作品・アイデア(アイデアだけの応募も可能。)を募集し、それをゲスト・プロデューサー
の3氏、野村誠(作曲家)・藤本由紀夫(サウンド・アーティスト)・ヤノベケンジ(現代美術家)
とプロジェクト側でセレクトした作品を展示するというもの。

その中で気に入ったのが、
― 三好隆子『Cry Stones / White Surround』
 http://www.toride-ap.gr.jp/fujimoto/index.html
関西で、2回個展をされ、関東はこのTAPが初。
なのに、サテライトギャラリー、本陣という江戸時代の宿(の復元建物)、
ACD(野村組)と様々な場所で展示、パフォーマンスをされて、
ミニ回顧展の風情。

自分が見たものは、
① Cry Stones
 玄関先に、3つの置き石があり、それを踏むと、、、。 
② White Surround
 白い大きいスポンジで作った正四面体の真ん中に切り込みが。
 そこにもぐる。おむすびに食べられるような感じ。
 中は、胎内のように落ち着くといっている人もいたが、自分は、転がりたい
 衝動に駆られた。
③ Tunneling
 大きな黒いスポンジ製の筒。筒の穴は、人が這って通れるサイズ。

ファイルを拝見したところ、違ったタイプだけれども、一貫して観る人を
楽しませてくれるタイプで、しかもそれが狙い通りうまくいっている。

― 足立喜一朗『ジャイアント・モーラー』
 http://syuumatsu.exblog.jp/4680848/

―「終末処理場」での展示というアイデア(ヤノベケンジプロデュース)
 http://www.toride-ap.gr.jp/yanobe/index.html
「終末」というあまりに出来過ぎのネーミングのため、
今回用に付けた名称かと持ったが、正式名称である。
メインの展示スペースは、排水を浄化するための縦15m・深さ5mくらいの
プールが、1ダース並んだような作りになっており、上から見ると、
昆虫標本のように、それぞれの仕切り部屋の中に、作品が展示されている。


ちなみに、TAPのHPはこちら
会期中の金土日・祝のみの開催
by gallerydojunkai | 2006-11-19 22:56
お知らせ■小河朋司氏展覧会(アート・インタラクティブ東京, ギャラリーなつか)
小河朋司さんの展覧会が2つ開催されます。

■「小河朋司展-On a grassland- 」
NPO法人 アート・インタラクティヴ東京、東京・虎の門
2006.11.20-29 am12:00-pm7:00(日曜休廊)
http://www.artinteractivetokyo.com/

・関連企画: 11月20日(月) 天野一夫氏との対談
展覧会会場にて、 19:00
会員無料 一般参加¥300- 要予約 (電話またはメールでお申込み下さい。)


■「小河朋司展」
2006.1113-25 am11:30-pm6:30(日曜休廊)
ギャラリーなつか オフィススペース、東京・銀座
http://homepage2.nifty.com/gallery-natsuka/natsuka/schedule.html


<参考>
06.2月のギャラリー同潤会での展示作品
by gallerydojunkai | 2006-11-19 00:52 | スタッフブログ / blog
展覧会■11/16-21「Stream of consciousness / 意識のながれ」 by nanako kume【ミクストメディア】
┌─────────────────────────────────
□ 2006年11月16日(木)~21日(火)
   12:00-19:00(16日-16:00より 最終日-17:00まで)
□ 「Stream of consciousness / 意識のながれ」 by nanako kume 
└─────────────────────────────────
問い合わせ―Nakume2001@hotmail.com http://www.nana-art.com


e0091712_2114521.jpgロンドンで舞台美術を学んだ後 舞台の美術・衣裳も手掛けながら英国と東京を拠点に創作活動をする美術家。今展は、「意識のながれ」の代表作家ヴァージニア・ウルフの「波」からインスピレーションを受け彼女の慣れ親しんだロンドンの街の旋律をミクストメディアで表現することを試みる。


e0091712_2114339.jpg久米ナナ子 プロフィ-ル
玉川大学芸術学科美術専攻を卒業。自由劇場アクティングジム修了後 英国へ渡る。
ロンドンのモッテリーシアターデザインコース、マーガレットハリスのもと舞台美術を学びロイヤル・カレッジ・オブ・アートにて制作研究を経て同大学内ホックニ-・ギャラリーにて個展を開催する。
以後、ロンドンと東京を中心に美術家として活動。舞台美術家として装置と衣裳のデザイン等も手掛ける。
現在、京都女子大学大学院発逹教育学研究科表現文化専攻 愛知県立芸術大学美術学部および大学院 で非常勤講師を務める。
by gallerydojunkai | 2006-11-15 21:11 | スタッフ用
展覧会■11/9-14 STAINED GLASS EXHIBITION - modern - 【ステンドグラス】
┌─────────────────────────────
□ 2006年11月9日(木)~14日(火)12:00-19:00(最終日-17:00)
□ STAINED GLASS EXHIBITION
□  - modern -
□ [井上ヒデコ 末友章子 速水瀬織 松本真樹]【ステンドグラス】
└─────────────────────────────

e0091712_2292080.jpg
ステンドグラスといえば教会やお花などをモチーフにしたものがイメージされがちですが、
このmodern展 では新しいスタイルのステンドグラスを目指している
関西在住の4人の作家のそれぞれのアイディアと個性を楽しんでいただけると思います。

今までステンドグラスに持たれていた固定概念が心地よく覆されるのを感じていただけると
思います。またステンドグラスの持つ可能性の大きさにも驚かれるでしょう。

URL→
http://www.exhibition-modern.com/
by gallerydojunkai | 2006-11-08 21:55 | スタッフ用
展覧会■11/1-7山本峰規子「ポコイ&タンジェントくん展」
┌─────────────────────────────
□ 2006年11月1日(水)~7日(火)11:00-19:00(最終日-17:00)
□ 山本峰規子「ポコイ&タンジェントくん展」
└─────────────────────────────

e0091712_12261422.jpg★山本峰規子オリジナルキャラクター・ウサギの「ポコイ」と
カバンの「タンジェントくん」が気ままにすごしている様子を、
シルクスクリーン版画で130点作りました。

珈琲飲んでいたり雲に浮かんでいたりうたたねしていたり…
ギャラリーを出たあとほのぼのとした余韻を楽しみながら
ケヤキ並木を歩いてもらえるとうれしいです。

オリジナルバッグ(お布団バッグ・ティッシュボックスバッグ・
月の満ち欠けバッグ・水道バッグなど)・珈琲AROMANマグネット・
                メッセージカード、タンジェン時計も…


e0091712_12264857.jpg★山本峰規子 Fukiko Yamamoto プロフィール

山口で生まれ育ち茨城で大学生活、茨城弁に染まりかけたところで花の東京に移住。
絵は義務教育の「図工」と高校の「美術」で習っただけの素人なのに、
世間を知らない田舎モノの大胆さで1年未満の会社員生活を経てフリーのイラストレーターに。
カルチャースクールで習い始めたシルクスクリーン版画で個展数回。
作品は谷中のギャラリー小倉屋、オーストラリア・ブリズベンの
Gallery Tokonomaでも取り扱い中。

e0091712_12272494.jpg ホームページ http://www5.big.or.jp/~fukiko/
by gallerydojunkai | 2006-11-01 10:29 | スタッフ用