表参道ヒルズ・同潤館のギャラリーからの「展覧会情報」,「貸し画廊予約状況」です。下記のカテゴリをクリックしてください。
by gallerydojunkai
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
HOME / schedule展覧会予定
展覧会 履歴 / archive
雑誌・TVの掲載・取材
予約状況 / availability
貸ギャラリー規約・料金/terms
写真(室内・外観) / photo
[初めての方へ]個展開催手引
スタッフブログ / blog
スタッフ用
メルマガ登録&twitter,FB
連絡先・地図 / contact,map
ブログパーツ
以前の記事
2018年 08月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 02月
2002年 06月
2001年 10月
2001年 02月
<   2005年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
とぼけたおじさんが素敵な「ヘレンドのオブロングトレイ」
三越本店5階の陶磁器コーナーに彼はいました。

ハンガリーの陶磁器ヘレンド(Herend)は、世界的に有名なもので、
カップ&ソーサー1セットで1-2万円~というものです。

ラインナップの中で、かなりニッチな商品がこの「オブロングトレイ」という、
8cm×6cmの小さなトレイ。

商品説明によれば、
「へレンドのシノワズリ(中国趣味)商品のひとつ、へレンドがシノワズリの
磁器を持ち込んだのは19世紀。柄は、福禄寿を尊ぶ中国独特のもの。」e0091712_3372499.jpg
とありますが、何に使うものなのかが特に触れられていません。

醤油用の小皿にするには、5万円はちょっと値がはりますね。
by gallerydojunkai | 2005-11-30 02:47
■ネタ■セキュリティ2(「指紋認証」 背筋の凍る落とし穴)
ギャラリーの方は、すでに白いスチールの鉄扉も取り付けられております。

その際、検討のため、「鍵と錠」をいろいろ検討しました。
というのも、①何人かの人に、②期間限定でドアの開け閉めをしてもらうには
どうするかというニーズがあったためです。

http://www.miwa-lock.co.jp/product/11_cardlock.htm
・<ランダムテンキーロック>
使うたびにテンキーの数字の配列がランダムに変わるテンキーロック
・網膜認証
・指紋認証
など、各種の方式があり、予算さえ考慮しなければ、鍵をなくす心配がない上に、
「鍵」のやり取りをすることなく、複数の人にドアを開ける権利与えるということ
が可能になることがわかりました。

先日の部屋をかたずけたところ、古い朝日新聞日曜版「Be」のコラムにショッキングな
ニュースが載っていました。

「マレーシアで、クルマの窃盗犯が、クルマと指を盗んでいった。
マレーシアで、盗難対策のために指紋認証を装備したメルセデスベンツS-classが
強盗に遭遇し、車を持ち去るために運転者の指が切り取られるという事件が発生した」。

e0091712_424569.jpg

東京三菱の「手のひら認証」、DocomoやFujitsuノートパソコンの指紋認証・・・
世の中には、究極のセキュリティ対策というようなトーンで、「生体認証」製品
が紹介されていますが、横溝正史の映画のような事件がここかしこで起こる
世の中も気味悪いので、考えものですね

これに関連して、いろいろ面白いコメントがのっているHPをご紹介します。
http://motivate.jp/archives/2005/04/post_40.html
(情報セキュリティに関する教育機関に所属の「武田圭史」さんのサイト)
by gallerydojunkai | 2005-11-29 21:21
お知らせ■ロゴデザインについて/ logo, registered trademark
e0091712_237373.jpg
ギャラリー同潤会のロゴは、大きく3つの要素から構成されています。

1.全体の長方形
 ギャラリーの名前にもなっている「同潤会青山アパート」を正面からみた外観を
イメージしています。

2.■□
 表参道ヒルズの住居部"zelcoba terrace"のファサードにも使用されている
安藤忠雄氏の建築に見られる「グリッドを描くコンクリートモデュール」をデザインした
もので、「現在の表参道ヒルズ」を象徴しています。

3.手書きのd
 何世代もの人々が住み続け、表参道のランドマークとして、長年多くの人に
愛されてきた「同潤会青山アパート」のもつ温もりを「手書きのd」に象徴させて
います。
 また、枠をはみ出た勢いをある「d」には、このギャラリーから魅力あふれる
アートの発信をしていきたいという気持ちが込められています。


◇「ギャラリー同潤会」は、登録商標です。
 "gallery dojunkai" is a registered trademark.
by gallerydojunkai | 2005-11-24 23:03 | 写真(室内・外観) / photo
■ネタ■ セキュリティー対策の第一歩(ホームセキュリティ)
ギャラリーにも、ドアに錠を複数つけるなどしておりますが、それ以上の
セキュリティー対策について検討するため、知人に話をきく。

最近、とあるホームセキュリティに加入した人の話
営業の人「申込が多くて、今契約していただいても、工事が混み合っている。
工事にこれるのが、1週間先になる。」

それでは困る、なんとかしろ、とごねた友人。
営業の人「その点でしたら、ご心配ありません。当社の赤いシールだけは、
今日、玄関に貼っておきますから。」といって、赤い正方形ステッカーを門の
ところに貼っていったそうです。

これを聞いて思ったのは、つまり、毎月の高いサービス料を払わなくても、
シールをカラーコピーして、玄関に張っておけば、それなりの効果が期待
できるわけですね!(とここに書いてしまっては意味がないのですが。)

このシールも、大きさが3種類程度あって、目立ちすぎるのも、
ここは高所得者ですよ、と言ってるようなもので、逆効果だとのこと。
難しいものです。
by gallerydojunkai | 2005-11-20 10:48
■ネタ■ アメリカFBI 「アート作品の盗難トップテン」
e0091712_1971966.jpg
先日、Jwaveを聞いていたら、こんなニュースがありました。

FBIが、アート作品の盗難トップテンを発表。

こちらのFBIのホームページをみると、10作品が紹介されています。
http://www.fbi.gov/page2/nov05/toptenart111505.htm

その中から、今年になって、盗品が戻ってきた、スウェーデン国宝の
ルノアールとレンブラントの絵のケースについてご紹介いたします。
原文はこちら
http://www.fbi.gov/hq/cid/arttheft/topten/sweden.htm

------------------------------------
◎盗難の日
2000年12月23日に、機関銃を振り回す3人の武装強盗が、ストックホルム
スウェーデン国立博物館から、3枚の絵画、ルノワールの「若いパリ市民」、「会話」
およびレンブラントの「自画像」を奪いました。
強盗は、市内の数ヶ所で、クルマのタイヤパンク魔や、自動車爆弾犯を雇い、
警察の注意をそらせるため戦術を使い、まんまと博物館の近くに停泊させていた
ボートで、逃げました。

◎捜査 (超抜粋)
組織犯罪特別対策本部の代理人および探偵は、コペンハーゲン市警察(CCP)、
デンマークの国家警察(DNP)およびストックホルム郡警察(SCP)を含む
海外への法執行(law enforcement overseas)を用いて仕事をして、
ロサンジェルスの特別対策本部、FBI、ICEおよびLASDの機関の間の共同の
国際法施行オペレーションの(略)成功(略)。
(略)ひみつのおとり捜査(略)

------------------------------------

と、まあ映画の世界並みの豪華メンバーそろい踏みで、高度な捜査がされている
感じがしました。この絵の総額は、4500万米ドル(約50億)。

映画「ダイハード」と合わせると、クリスマス時期を狙うというのは、組織犯罪業界の
定石なんでしょうか。
by gallerydojunkai | 2005-11-19 19:07
見に行ってない方にも、横浜トリエンナーレ・ベスト4th&5th
ベスト1~3については、こちらをごらん下さい。
http://galleryd.exblog.jp/d2005-10-22

e0091712_4164654.jpg
5. 「カーペットから湧き出る動物(羊とか)」 , Tonico Lemos Auad
                            (トニーコ・レモス・アウアッド)
  カーペットの表面の綿毛をかき集めて、リスや、羊などの形にこんもりと
  盛ってあります。そのようすが、ネッシーがネス湖から顔を出すように、
  羊がカーペットの中から湧き出るように見えて、思わず微笑んでしまう。
   
e0091712_4162775.jpg4. 「紙袋で、紙袋の中に木」 , Yuken Teruya (照屋勇賢)
  マクドナルドなどの紙袋の側面を非常に細かく切り、折込み、まるで、
  それが驚いたことに、紙袋本体と切れることなく、「すっくと」袋の中で、
  立っている。
  チープな材料で、一級の工芸品の味わいを感じさせのレベルに到達している。
  メッセージとして、木→紙→そしてまた木というサイクルを含んでいてとっつきやすい。
  関係ないですが、笑点にたまに出てくる、ハサミと一体化したかのように体を動かしながら
  「切り絵」をやる方、お元気ですか?

e0091712_3592463.jpg
<番外編>
会場いたるところで目に付いたのが、青いプラスチックコーン。
おみやげコーナーでは、これのミニチュア(高さ7cm)が1300円で売られています。
私:「1000円なら買うんだけどなー。」(つぶやき)
店員:「これのために、型をとったので、その分お高くなっております。でも・・・、マグネットになっているんですよ。2つ買っておけば、花粉症の時の鼻栓にもなりますしね。」だそうです。
by gallerydojunkai | 2005-11-09 22:07
■ネタ■どうみても教会か、結婚式場にしか見えないこの建物は
e0091712_732425.jpg
e0091712_734382.jpg


立川の南口。Granduoの前のペデストリアンデッキを、地上に降り、左手の
方の道を進んで、名門・立川高校の方へ歩いていくと見つけたのが、この建物。

教会風で、銘板にも、その名が刻まれてある。
とよくみると、

"Santama Ready Mixed Concrete Cooperative"

そして、右のほうに、目を向けると、

正面玄関の上に、「三多摩生コンクリート協同組合会館」
とありました。組合の誇りが感じられ、いいものを見れました。
by gallerydojunkai | 2005-11-06 23:57
■ネタ■白金・レトルダムールの「化粧箱へのお菓子詰め」道
e0091712_658548.jpg

レトルダムール グランメゾン白金。

白金台駅から、プラチナ通りの左の歩道を通って、すぐ。
スイーツのテイクアウトと、2階にサロン・ド・テがあるお店です。
こちらで、お客さまへのお土産を買うことに。

「予算4000円で、いろいろなものが食べれるように、選んでください」

という、要望に応えていただいたのがこちら。

まず、商品の選び方。
同じクッキーでも、同じ系統のクッキーは選ばないとのこと。
「ずっしりのクッキー」と「マカロン」、「普通味」と「イチゴ」とし、
「フィナンシェ」と「マドレーヌ」という組み合わせは避ける。ま、これは、普通。

そして、お菓子の化粧箱への詰め方。
セオリーは2つ。
・隣り同士、色がかぶらない
・明るい色は、内側に。黒っぽいものは、外側に。
確かに、化粧箱の中は、きれいです。

感心しました。
でも、、、持って帰るときに、平らにしないで持って帰ってきたため、
お客さまが開けたときには、「マドレーヌ」エリアのお菓子が、「寄り弁」状態
になってしまったのではないかと、心配です。

それにしても、この辺りっていうのはファーストフード店がないですね。
そういうのを食べるような方々は、住んでらっしゃらないということでしょうか。
by gallerydojunkai | 2005-11-04 23:54
お知らせ■吉村順三建築展、松濤美術館チケットプレゼント
展覧会チケットプレゼント。

どちらか1つの展覧会につきまして、1枚差上げます。
下記の①&②2つを同封の上、
150-0001渋谷区神宮前4-12-2-303 高橋 宛にお送りください。

①メモ
・いずれかご希望の展覧会名
・(アンケート)何をみて、ホームページにたどり着いたか
②返信用封筒
ご自分の住所と80円切手を貼った返信用の封筒の上、

---------------------------------------------(展覧会)

A: 「吉村順三建築展」招待券 10名
   東京藝術大学 大学美術館11/10~12/25開催

B: 渋谷区立松涛美術館 中島宏展(青磁) 4名
   ~11/20開催

[ご注意]
・数に限りがあるため、なくなり次第ブログ上でご連絡し、
①連絡した日の翌日以降の消印がついているお申込につきましては
無効といたします。
②連絡した日の消印がついているお申込につきましては、次回の
展覧会チケットプレゼントのをチケットを1枚お送りいたします。
(種類は、当方でお選びいたします。)

【訂正】2005.11.3の午前6時まで「ブログご愛読記念申込者全員プレゼント!」と
書いておりましたが、上記の内容に変更させていただきます。
よろしくお願いいたします。
by gallerydojunkai | 2005-11-03 00:50 | スタッフブログ / blog