表参道ヒルズ・同潤館のギャラリーからの「展覧会情報」,「貸し画廊予約状況」です。下記のカテゴリをクリックしてください。
by gallerydojunkai
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
HOME / schedule展覧会予定
展覧会 履歴 / archive
雑誌・TVの掲載・取材
予約状況 / availability
貸ギャラリー規約・料金/terms
写真(室内・外観) / photo
[初めての方へ]個展開催手引
スタッフブログ / blog
スタッフ用
メルマガ登録&twitter,FB
連絡先・地図 / contact,map
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 02月
2002年 06月
2001年 10月
2001年 02月
カテゴリ:[初めての方へ]個展開催手引( 14 )
個展■ 【目次】 展覧会/個展開催の手引き・マニュアル 
目 次

■プレスリリース・HPでのPR内容
 ◇プレスリリース・PR内容作りの重要性
 ◇プレスリリース・PR① 項目・レイアウト
   ◇プレスリリース・PR② 「展覧会概要」の内容
 ◇HPやPR媒体に掲載する写真の選び方
 ◇当ギャラリーご利用の方へ:「会場の基本情報」掲載の仕方 ※ページ下部
 ◇プレスリリース 送付先・タイミング
  ※ギャラリーのサービス、各作家さまでやっていただくこと

展覧会の告知/PR web・HP・ネット上の掲示板リンク集

■アーティストを続けていくために「ファン作り」
 ◇ホームページ(ブログ)・ メルマガ, SNS(twitter, facebook等)の重要性
 ◇【ご利用者様向け無料サービス】facebook, twitterの初期設定
 ◇ホームページ(ブログ)作成・まぐまぐ(メルマガ)の作成までの手続き

■「協賛」「寄付」の集め方
by gallerydojunkai | 2005-08-29 18:54 | [初めての方へ]個展開催手引
展覧会主催者用: ロゴ・地図データのダウンロードページ
各アーティスト・展覧会主催者さまへ

別途、送付したメールでご案内いたしましたとおり、
以下のデータを掲載しておりますのでダウンロードして
お使いください。

 ・ロゴ
 ・地図(オリジナル)
 ・地図(アーティスト・高橋園子さま作成)

※esp形式のデータ、およびDMハガキ作成時の手引き
 についてはメールをご参照ください。

e0091712_0372372.jpg

e0091712_0374289.jpg

e0091712_0375655.jpg
by gallerydojunkai | 2005-08-28 23:04 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■HPやPR媒体に掲載する写真の選び方
基本的には、自分が一番気に入った作品、今回の展覧会での
メインとなる作品を選ぶのが普通です。

ですが、同じくらい気に入って、迷った場合は、次のような視点も
加味して選んでみてください。

 1.明るいもの

 2.何が描かれている(表現されているか)わかるもの
  ※[対策]一見して、何が書いてあるかわからない場合は、トリミングして
       一部を拡大した写真を掲載する。

まずは、アート系イベントの情報HP「会期終了間際」の展覧会を一覧にしたページ
をご覧ください。(できれば、「どこか面白い展覧会はないかな...」という探す立場で)
http://www.tokyoartbeat.com/list/event_lastdays
視線は、タイトルを追っても、漠然と左端の写真を眺め、鮮やかな写真には
反応してしまうのではないでしょうか。

また、こちらのHPの下の部分「展覧会一覧」をご覧ください。
http://koten-navi.com/gallerydoujunkai
黄色や、カラフルな色の明るい写真に、つい視線が向かうのではないでしょうか。
これほど、小さい写真だからこそ、その差は歴然としてきます。

2つの例は、HPの場合ですが、例えば、全国紙の夕刊にある展覧会紹介コーナーも
読売新聞のように小さい写真をずらっと並べている例があります。

展覧会を主催する側は、ついつい自分のものだけしか目に入らない
状態になりますが、展覧会を見る側は、数ある展覧会の中で
どれに行こうか、または沢山置かれたチラシやDMハガキの中から
どれを貰って行こうかという『選択』をしなければいけない状態に
なります。

その際、1、2の条件を備えたものは、目をひくことができ、具体的には、
次のような「よい結果」につながっています。
 ・HPでのアクセス件数が多い
 ・DMハガキの減りが早い
 ・ギャラリーの前を通る方の「入店率」が高い

そういったも含めて、ご相談に乗らせていただいております。
by gallerydojunkai | 2005-08-28 01:10 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■「展覧会概要」の内容作成
<内容>

1.一般的に「展覧会概要」に盛り込む内容

2.過去の当ギャラリー開催展覧会の例


------------------------------------------------------------------

1.一般的に「展覧会概要」に盛り込む内容

(1)内容

 内容は、「個展」ですので、自由に決めていただけますが、
 展示内容を情報として、社会へ伝達するという役割をもった文章で
 あるため、不文律ながら「一般的なスタイル」があります。
※どんなことを書いたらいいか迷われる場合、下記の2「過去の例」を先にご覧ください。

【必須内容】 
 「展覧会のテーマ」
 「作品メディア」
 「作風」
 更に必要であれば、「見どころ」

 心がけていただきたいのは、見たことのない方にとっても「どんな作品」
 「どんな展示」が見られるのかを伝えられる内容であることです。

 こちらのHPでは、「展覧会概要」と写真とをセットで見ていただけますが、
 紹介してもらえるのが、写真なしで文章だけでのかもしれません。
 それでもわかる内容のものであれば、それがきっかけで、関心を持って
 いただけるかもしれません。

 その上で、下記のような内容を、概要とは別個に加えていただいて
 もよいかもしれません。
 (a)今回の展覧会に向けて。今回の展覧会の出品作品について、
(b)技法、手法、制作の方法、素材
(c)これまでの制作活動、どんな環境(アトリエか自宅か)で制作しているか
 ※府中美術館主催・府中ビエンナーレでの「作家インタビュー項目」から

(2)その他
 ・書いたものを、客観的にチェック

  「思い」が強すぎて「詩」のみ、という方もおられます。
  できれば、自分の作品を見たことのない方に読んでもらい、どんな作品
  かイメージできるか、また、メッセージが伝わるか確認していただくのが
  望ましいです。少なくとも、お知り合いの方に頼んでみましょう。

 ・今後の活動につながるような手を打つ
  個展をする意義・メリットとしては、会場に足を運んでいただく人に実際に
  目で見てもらうということの他に、個展の開催を告知することによって、
  自分の作品や活動を多くの方に知っていただくチャンスになります。  
  
  このPRの機会は、通常とは比べものにならない多くの方の目に
  触れる貴重なチャンスとなります。それを最大限活用して、「きっかけ」を
  「つながり」としてキープできるような仕組みがあれば、今後のアーティスト
  活動にとって、毎回の個展が有益なものとなるでしょう。

  ①HP, facebook, twiter等を用意する。
    ホームページをお持ちの方は、URLを入れたほうがいいと思います。
  ②(さらに)メールマガジンサービスにも登録
    上記のHPがない場合でしたら、メールマガジン「まぐまぐ」等にメルマガの
   登録をしてその購読者や、作家ご自身のブログの購読者になってもらえるように
   「今後の告知が簡単に・費用をかからずできる仕組み」を用意しておくことを
   お勧めします。


2.過去の当ギャラリー開催展覧会の例
 ・作家/作品の説明、経歴等が詳しく書かれたもの
  http://galleryd.exblog.jp/11853348/
 ・作品写真のキャプションを詳しく書いたもの
  http://galleryd.exblog.jp/11537524/
 ・その他(過去の展覧会一覧が載る「履歴」ページ)
  http://galleryd.exblog.jp/i7
by gallerydojunkai | 2005-08-18 23:10 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■ある媒体からの展覧会情報の掲載依頼=1月はねらい目
08年11月7日、14時頃、部数約8万部の某アートメディアからの
問い合わせがあった。

「1月開催のおすすめの展覧会があったら、紹介してほしい」

当然、有料広告のページではなく、記事の一つとしてだ。
1月は、アートイベントの閑散期であるため、紙面が埋まらないとのこと。

11月を中心に秋にかけてのイベントの多いアート業界。
一方、1月はクリスマス休暇・正月休みと、長期のオフに
入るギャラリーも多い。

しかし、雑誌などは、毎月一定のページで成り立っており、
なかには、12・1月合併号などで、対応しているところも
ある。同じくアート閑散期である8月は、別のイベントで紙面を
埋めているのだろう。

個展をひらくメリットは、実際にギャラリーに来て、目で見てもらう
ことはもちろんあるが、世の中に対して広く、自分の作品や、
活動をPRできるチャンスとも考えられる。

つまり、
「わたしは、こういう作品を作っています。雑誌に載せてください」
と、唐突に頼むよりも、
「x月y日から、個展をしますので、雑誌に載せてください」
と頼むほうが、受け入れられやすい。

【結論】
1月は、ねらい目です。
by gallerydojunkai | 2005-08-18 22:59 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■展覧会の告知/PR web・HP・ネット上の掲示板リンク集
展覧会告知のためのリンク集

インターネット上で、無料(一部は有料)でPRできるサイトをまとめてあります。

1. 展覧会の開催をPR
2. アーティスト自身のPR
3. 当ギャラリーご利用の方へ:「会場の基本情報」掲載の仕方

-------------------------------------------------------------------------------------

1. 展覧会の開催をPR

◇TAB(Tokyo Art Beat) ★登録作業不要★ http://www.tokyoartbeat.com/
 エリア・終了日でソートもできる大変使い勝手のよい「東京のアート・デザイン展カレンダー」。
 ※先方で掲載して下さる親切なサイト。tablogレビューの対象にしてもらうには別途対応要。

◇Artscape http://www.dnp.co.jp/artscape/koremite/board_a.html#
 DNP運営の美術で定評ある有名サイト。
 ※記入フォームに字数制限あり。掲載のための審査があるため、少し余裕をもって載せる。
 
◇JDN(Japan Design Net) https://www.eventdb.jp/member/event/touroku.php
 デザイン関連のメルマガでは最大発行部数を誇る会社が提供するHP。
 ※記入フォームに字数制限あり。

◇Real Tokyo http://www.realtokyo.co.jp/users/view
 美術他の東京のアートシーン全般をカバー。ARTiTの発行も。マイページからの利用登録が必要。
 ※記入フォームが日英バイリンガル対応。不明な場合は、ローマ字での記入で可。

◇芸力 http://geiriki.com/info/entry.html
 「東京都内と近郊のアートの展覧会情報をまとめてお知らせ」するサイト

◇NetTAM(トヨタアートマネジメント) https://www.nettam.jp/member/login.php
 「全国各地のアート活動をご紹介いただく情報交流の場です。自由にご投稿ください。」
 希望者へHP追加内容を載せたメルマガを定期的に発行。

◇アートコモンズ http://artcommons.nact.jp/index.php
 国立新美術館運営の展覧会情報"共有"サイト。
 ※美術館・ギャラリー・登録団体だけが掲載可能。

◇Tokyo Art Navigation http://tokyoartnavi.jp/member/index.php#artist
 東京(トウキョウ)・アート・ナビゲーション。都立の美術館を運営する東京都歴史文化財団
 によるサイトで、無料のメンバー登録の後、告知などの利用が可能。

◇個展なび http://koten-navi.com/to-creator-and-gallery
 「個展・展覧会情報を簡単に登録・検索できる情報カレンダー」として、Web上での
登録以外にも、展覧会DMやプレスリリースによる登録もお願いできる。
 twitter対応や、作家在廊情報が記入できるのが他にはないポイント。

◇芸術新聞社ART ACCESS展覧会情報
 http://www.gei-shin.co.jp/information/information2.html
 郵送、E-mail(webmaster@gei-shin.co.jp)で情報を送付。掲示板はこちら

 「美術家検索」サービスへ有償で登録するサービスのみ存続(2016.8) →こちら

◇ホルベイン アートニュースリリース http://www.holbein-artistnavi.com/artnews/keisai
 写真1点、テクスト400~1200字で、展覧会情報をPR可能。

◇シブヤ経済新聞 www.shibukei.com/contact/press.html
 渋谷圏内の経済・ファッション・デザイン・アートなどのニュースを掲載するサイトで、
 編集部側で掲載の判断がされる。

◇フライヤー・コレクション flyer-collection.com/
 チラシのデザイン性に着目した「フライヤーの持つ告知機能を活かしつつ、フライヤー自体を鑑賞し語ることを目的にしたコミュニケーションサイト」

◇チラシミュージアム http://eplus.jp/sys/web/museum/index.html
 アプリ。全国の美術館・博物館・ギャラリーで開催されるアートイベントのチラシを網羅したもの。
 掲載希望のためには、事前登録が必要→ https://cs.eplus.jp/sessions/new

◆[有料サービス] @press http://www.atpress.ne.jp/
 有料のプレスリリースサービス。文書のひな形も有り。

◇るるぶイベント情報投稿 https://www.rurubu.com/promoter/help.aspx
 ※事前登録が必要

aw-ml(つなぐメーリングリスト) http://www.egroups.co.jp/group/aw-ml
 アート関係者・愛好家の閲覧多数。
 ※テキストベースで配信(写真を添付できない)。MLへ自分のメルアド登録後、投稿。
(閉鎖)
  
Copyright © 2006-2016 ギャラリー同潤会(gallery dojunkai) All Rights Reserved.

----------------------------------------------------------------------------------

2. アーティスト自身のPR

◇Tokyo Art Navigation「アーティストファイル」 http://tokyoartnavi.jp/member/index.php#artist
 東京(トウキョウ)・アート・ナビゲーション。都立の美術館を運営する東京都歴史文化財団
 によるサイトで、無料メンバー登録後、アーティストとしての活動等のPRが可能。

◇ホルベイン アーチスト ナビ http://www.holbein-artistnavi.com/info_notice.html
 展覧会情報のPR以外にも、活動内容などの近況、出版等のPRが可能。

◇【閉鎖】アートインタラクティヴ東京、作家アーカイヴス http://www.artinteractivetokyo.com/archives/archives.htm
 アートコレクターのためのNPO法人。
 コンテンツの書換え・写真掲載ok。作家HPへのリンクだけも可。※展覧会のPRには不向き。


◇芸術新聞社ART ACCESS「作家検索」【有料,年間契約】
 http://www.gei-shin.co.jp/artaccess/keisai.html
 作品写真1点と簡単な略歴(5000円)と、作品写真2点と顔写真(20,000円)の2タイプ。

◇Spiral Bank スパイラルバンク【有料,年間契約】
 http://www.spiral.co.jp/
 プロフィール・作品のHP掲載。

Copyright © 2006-2012 ギャラリー同潤会(gallery dojunkai) All Rights Reserved.

----------------------------------------------------------------------------------

3. 当ギャラリーご利用の方へ:「会場の基本情報」掲載の仕方

・各種印刷物の作成、上記サイト等への掲載の際は、下記の内容でお願いいたします。

ギャラリー同潤会
150-0001東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ・同潤館2階
tel/fax: 03-5410-0660
email: info(at)gallerydojunkai.com
URL: http://www.gallerydojunkai.com
アクセス・交通機関
  [地下鉄をご利用の場合]
   東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線「表参道駅」A2出口より徒歩2分
   東京メトロ千代田線、副都心線「明治神宮前駅」5出口より徒歩4分
  [JRをご利用の場合]
   JR山手線「原宿駅」表参道口より徒歩7分

gallery dojunkai
Omotesando Hills, 4-12-10-D201, Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo, 150-0001 
tel/fax: 03-5410-0660
email: info(at)gallerydojunkai.com
URL: http://www.gallerydojunkai.com


Copyright © 2006-2008 ギャラリー同潤会(gallery dojunkai) All Rights Reserved.
by gallerydojunkai | 2005-08-03 18:53 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■プレスリリース 送付先・タイミング
現在、ご利用者限定でご説明させていただいております。
by gallerydojunkai | 2005-08-03 18:52 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■ホームページ(ブログ)作成・まぐまぐ(メルマガ)の作成までの手続き
お申込者限定とさせていただいております。
by gallerydojunkai | 2005-08-03 18:49 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■facebook, twitterの初期設定サービスについて
こちらは、こちらのギャラリーでの展覧会開催が決まった
ご利用者様向けの無料サービスです。

どちらも、登録はかんたんに出来るように工夫がされていますが、
お忙しい方、自信のない方向けに、代行で登録をさせていただくものです。


1.facebookの場合
 それほど難しくないので、下記のページからお作りいただくのがおススメですが、
 https://ja-jp.facebook.com/‎

 (a)アカウント名(ローマ字か漢字か?)
 (b)メールアドレスとそのログインパスワード ※登録後別のアドレスにも変更可能です。
 (c)登録したい生年月日 ※実際の生年月日と違っても登録は可能
 (d)ギャラリーのHP掲載用の「写真」「展覧会概要」「プロフィール」等

 <説明>
 ・(b)のメールアドレスは、アカウントの初期設定やその後の連絡メッセージを
  受け取るためのものです。
  (パスワードをこちらにお知らせいただくのも不安でしょうから)
  今回の設定用に新規にフリーアドレスなどをお作りいただいて、
  後日登録のメールアドレスを、通常お使いのメールアドレスに切り替えることが
  可能です。
 ・(d)のデータ・情報を元に、facebookの基本情報や、メッセージを最低限の分だけ
  掲載させていただきます。その後は、各ご利用者様自身で操作いただきます。


2. twitterの場合
 それほど難しくないので、下記のページからお作りいただくのがおススメです。
 https://twitter.com/signup

 こちらにご依頼いただく場合には、下記をお決めいただき、
 ・氏名 (例:yamada taro, ギャラリー同潤会 表参道)
 ・メールアドレス (アカウントの初期設定やその後の連絡がメールで送られます。)
 ・パスワード (アカウント作成後、twitterにログインするためのパスワード)
 ・ユーザー名 (例:dojunkai, yamadataro )


詳細は、gd[アットマーク]gallerydojunkai.comへお問い合わせ下さい。
by gallerydojunkai | 2005-08-03 18:45 | [初めての方へ]個展開催手引
個展■「協賛」「寄付」の集め方
お申し込みいただいた方限定
by gallerydojunkai | 2005-08-03 18:44 | [初めての方へ]個展開催手引