表参道ヒルズ・同潤館のギャラリーからの「展覧会情報」,「貸し画廊予約状況」です。下記のカテゴリをクリックしてください。
by gallerydojunkai
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
HOME / schedule展覧会予定
展覧会 履歴 / archive
雑誌・TVの掲載・取材
予約状況 / availability
貸ギャラリー規約・料金/terms
写真(室内・外観) / photo
[初めての方へ]個展開催手引
スタッフブログ / blog
スタッフ用
メルマガ登録&twitter,FB
連絡先・地図 / contact,map
ブログパーツ
以前の記事
2017年 08月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 02月
2002年 06月
2001年 10月
2001年 02月
カテゴリ:スタッフ用( 213 )
2013/5/22~27 齊藤純子油彩画展 「春から夏へ」 【絵画】
─────────────────────────────────────────
2013年5月22日(水)~27日(月) 12:00-19:00 (最終日-17:00)
齊藤純子油彩画展 「春から夏へ」 【絵画】
───────────────────────────────────────── 


e0091712_7481152.jpg「ゆく春」
F40(部分)


e0091712_7513093.jpg 「ゆりの木」
F4


e0091712_7515626.jpg「今宵の月」
F20




◇ 展覧会概要

「春から夏へ」

春から夏へ、少女達は心に芽生えた様々な想いを抱えながら煌めく季節を駆け抜けて行きます。
一瞬の姿のはかなさと懐かしさを新緑の窓辺が作り出す空間の中に留めてみたいと思います。

少女の眼差しの先にあるもの、その指先が触れようとしているものを私の中に探しながら、
これからも描いていきたいと思っています。

今回の個展では、この季節をテーマにした10点の新作油絵を展示いたします。
ギャラリーの窓に広がる表参道の大きな欅、その新緑の光の中で
たくさんの方に作品を見ていただければ嬉しく思います。



◇ 略歴

齊藤純子

1972年  武蔵野美術大学造形学部美術科油絵専攻 卒業
1999年  個展  銀座・ギャルリーしらの
2003年  二人展  銀座・地球堂ギャラリー
2006年  二人展  銀座・東和ギャラリー
2008年  個展「少女の系譜」 銀座・青木画廊「ルフト」
2009年  個展「Night Train展」 沼袋・セ木口画室
2011年  個展「少女の系譜 2」 銀座 青木画廊「ルフト」
2012年  二人展  荻窪 かん芸館

※作家Facebookページはこちら
by gallerydojunkai | 2013-05-21 07:53 | スタッフ用
2013/4/3-8 中村美帆 個展 【書画】

─────────────────────────────────────────────
2013年4月3日(水)~8日(月) 12:00-19:00 (最終日-17:00)
中村美帆 個展 【書画】
Miho Nakamura Solo Exhibition /Calligraphy
From Apr. 3rd(Wed) through 8th(Mon),2013
─────────────────────────────────────────────


e0091712_23284725.jpg2011, Qi 
Size 570x600mm

e0091712_23293055.jpg2012, Firebird Female
Size 455x380mm

e0091712_23295257.jpg2010, Friend
Size 210x240mm



◇ 展覧会概要
文字を描いた書であり、色を使い、キャンヴァス、パネルに仕立て、
絵画の体をした書です。主に海外のアートフェアに出展していた作品を展示いたします。

Miho Nakamura's calligraphic works are very unique, the mixture of Japanese traditionalism and abstractionism.
Every Japanese letter has its own meaning and she transposes it into the art
form with her contemporary artistic expressions.
Not only drawing with traditional black "sumi" ink on papers, she also draws
with colors on canvas or other materials.


◇略歴/プロフィール

女子美術大学 洋画専攻卒

2008 渋谷ギャラリーコンシールにて、ギャラリーで受信したメールを
そのまま書にするパフォーマンスを企画、展示。
2008 ニューヨーク ギャラリーにてグループ展参加
2009-2010 オーストラリアのアートフェアARTSYDNEY参加
2009〜2012 東京の北井画廊からベルギーのアートフェア,LINEART 参加
2012,2013, 東京の北井画廊からアートフェアARTEXPO N.Y.参加

Solo Exhibitions
2013 The Hives Gallery, Los Angeles, CA 2013 Gallery Dojunkai, Tokyo, Japan
Group Exhibitions
2013 ARTEXPO New York 2013, Pier 92, New York, NY
2012 LINEART The International Fusion Art Fair, Flanders Expo, Ghent, Belgium
2011 LINEART The International Fusion Art Fair, Flanders Expo, Ghent, Belgium
2010 LINEART The International Fusion Art Fair, Flanders Expo, Ghent, Belgium
2009 LINEART The International Fusion Art Fair, Flanders Expo, Ghent, Belgium


◇作家ホームページ http://www.mitsuhato.asia
by gallerydojunkai | 2013-04-02 23:30 | スタッフ用
期間限定で、「同潤会アパート」を体感できる場所
期間限定で、「同潤会アパート」を体感できる場所があります。

都現代美術館のMOTアニュアル・(~2/3)の田村友一郎さんの地下3階駐車場の「深い河」

彼の作品は2部構成になっており、その第2部です。
作品全体の主題については、アーティストトークをご参照ください。
(第2部についてのコメントはほとんどありません。)
http://www.mot-art-museum.jp/blog/staff/2012/12/mot20123.html
by gallerydojunkai | 2013-01-12 15:05 | スタッフ用
今後の予定■展覧会スケジュール/ Exhibition Schedule
◆2012

e0091712_1992118.jpg1/26(木)-1/29(日)
春を待つシュガークラフト
[Reiko Arakawa Class] 【シュガークラフト】

e0091712_11314287.jpg2/8(水)-2/13(月)
ハンドメイドルアー展
[六度九分・行友光] 【工芸】

2/17(金)-2/24(金) 貸切利用

e0091712_13182289.jpg3/7(水)-3/12(月)
「3.11 恐怖、痛み、再生芽」-田中 出 震災画展-
【油絵】

3/15(木)-3/20(火) 「田中重光 素朴画展」【油絵】
3/28(水)-4/2(月) 「極端な日常」[井上聡二郎]【写真】

5/2(水)-5/7(月) 「河合絵一 音色画展」【油絵】
5/18(金)-5/23(水) 「正田肇 日蝕展(仮)」【油彩、アクリル】

7/25(水)-30(月) 「西久保晴美展(仮)」【パステル】

8/29(水)-9/3(月) 「植田るり子創作展(仮)」【創作バッグ、小物】

9/26(水)-10/1(月) 「中島裕樹作品展」【油彩画】

10/10(水)-10/15(月) 「根津りえ 作品展(仮)」【ガラス絵】

12/19(水)-12/24(月) 「エレマリア個展-Very Merry Happy Christmas with many Angels-」


◆2013

5/15(水)-5/20(月) 「齊藤純子 絵画展(仮)」 【油絵】
by gallerydojunkai | 2012-12-31 16:00 | スタッフ用
貸ギャラリー 5つの特徴 <広報・PR【詳細】>
  (1)スケジュール管理等全体の流れ等  
  ・初めての方には、開催までのスケジュール管理、「展覧会概要」の文章作成やHP掲載写真についてアドバイスいたします。
  
  (2) 新聞・雑誌への送付方法・〆切をまとめたマニュアルを用意&送付代行
    ・メディアへの送付資料をギャラリーにご送付いただければ、ご面倒な送付
    作業を代行いたします(有料:開始日の2か月前までにギャラリーに。)

    ※過去の新聞・雑誌等での掲載履歴はこちら
    ※4媒体に送付し、3つの全国紙に載った方もいらっしゃいました。

  (3)告知ポストカード(ハガキ)・チラシ
    ・お客さまのリストに基づきDM発送を承ります(要切手代)
    ・お預かりしたポストカードは近隣のギャラリー・美術館に置かせていただいております。
    ・ポストカード・チラシの作成・印刷について、実績あるデザイナー・印刷屋のご紹介もしております。 

  (4) 展覧会告知サイト・リンク集
    ・多数の告知サイトをコメントと共に一覧化し、大変ご好評をいただいております。
    ※個展開催決定を機に、HP(ブログ)の開設やtwitterアカウント作り等をお勧めしています。
     展覧会をきっかけとして生まれる「縁」を「ファンの創造」に転化させ、それを「維持」していくための
     仕組み作りまで視野に入れておくことが必要です。芳名帳に氏名・住所のみを書いていただき、
     お礼状・次回案内状を出すだけでは、コミュニケーション量が不十分と思われます。

  (5) ギャラリーのメルマガ&twitter, facebook, Mixiで毎月告知
    ・加入者数/フォロワー 計約1400名[13年1月現在]
by gallerydojunkai | 2012-12-07 01:25 | スタッフ用
貸ギャラリー 利用規約<料金> 
(1) 料金
  
<2016年1月-12月個展開催分> 空き状況はこちら
 1,2,7,8月 →21万円 
 3,4,5,6月 →23万円 
 9月    →25万円
 10月    →26万円
 11,12月  →27.5万円 
上記の料金に消費税8パーセントが加算されます。

 ※6日間が、月をまたがる場合は、利用期間の初日が属する月で料金を判定
  [但し、11/3を含む期間は11月料金を頂戴いたします]。
 ※年2回の表参道ヒルズ休館日が含まれる週(木曜~月曜の5日間) -30,000円
  [要相談]休廊日(火曜)のオープン +32,400円


(2)期間限定の設定料金
「短期利用」(2・3日間)  詳細は、こちら
  ※4・5日間の利用についてはご相談ください。
by gallerydojunkai | 2012-12-06 23:50 | スタッフ用
規約・料金■[期間限定] 直前割引
内容

2016年は直前割引は実施しておりません。
ご来廊のうえご相談ください。


★「短期利用」はこちらへ移動しました。
by gallerydojunkai | 2012-11-05 14:35 | スタッフ用
規約・料金■[期間限定] 短期利用
内容 
※下記の規約はあくまで標準的なパターンを想定したものです。
 詳しくは、お問い合わせ下さい。

「短期利用」規約 

 [申込可能時期] 展覧会開始日の3ヶ月前の同日以降の申込
 [使用日数] 2日間または3日間(搬入日は除く。搬入は、月曜)
 [料金]  ※お問合せ下さい。
 [ご注意]
  ※1: 搬入日の扱いは、
     ①「月曜夕方搬入。水・木  2日間の展示」→2日間扱い
       「月曜夕方搬入。水・木・金3日間の展示」→3日間扱い 
     ②上記以外の搬入。土日2日間の展示→3日間扱い(割高になります。)
  ※2: 通常の審査があります。販促・プロモーションでの使用は別料金です。
  ※3: 4日以上のご使用は、3日間に1日当たりの使用料金を加えた額に
      なります。(通常料金の金額をご確認ください。)
  ※4:期間限定での企画です。予告無く、新規の受付を終了することがあります。
by gallerydojunkai | 2012-11-05 14:33 | スタッフ用
2012/5/18-23 「日蝕と和」展 [正田 肇] 【油彩・アクリル・水彩】
─────────────────────────────────────────────
2012年5月18日(金)~5月23日(水) 12:00-19:00 (最終日-17:00)
「日蝕と和」展 [正田 肇] 【油彩・アクリル・水彩】─────────────────────────────────────────────

e0091712_2372085.jpg正田 肇
「日蝕」
2012年
F10号
キャンバス・
アクリル画

e0091712_2384846.jpg正田 肇
「涼」
2011年
F40号
キャンバス・
油彩画

e0091712_2395513.jpg正田 肇
「日蝕菩薩(坐像)」
2012年
F8号
キャンバス・
油彩画

◇ 展覧会概要

初の個展になります。
私は、普段油彩画を中心に、和をテーマにした絵を描いております。
今回のテーマは2つ「日蝕と和」です。
なぜ日蝕かと申しますと、展示期間中の5月21日7時30分頃、
日本の各所で珍しい金環日蝕が見れるそうです。
金環日蝕は、場所に拠っては数百年に一度しか見られないらしく、
今回東京でも観測出来るそうなので、とても楽しみです。
そこで今回は、普段の和のテーマにプラスして、日蝕をイメージした絵も描いて見ました。
色々なイメージ、画風の絵を展示しますので、皆様是非一度足を運んで見て下さい。

※注意
日蝕を観測する際は、目を傷めたり、失明する恐れがありますので、正しい方法で観測して下さい。


◇ 正田 肇 プロフィール 

独学で絵画を学び、絵画歴は約20年になります。
油彩画を中心に、和をテーマにした絵画を描いております。


◇ 略歴

1971年 栃木県生まれ
2011年 第7回世界絵画大賞展 協賛社賞受賞
2012年 初個展
by gallerydojunkai | 2012-05-15 23:17 | スタッフ用
2012/5/9-14  京型紙 -江戸後期~大正 デザインと技-
─────────────────────────────────────────────
2012年5月9日(水)~5月14日(月) 12:00-19:00 (最終日-17:00)
京型紙 -江戸後期~大正 デザインと技- 【型紙】
─────────────────────────────────────────────

◇ 展覧会概要

京都・中京で呉服の染色業を営む三好染工㈱は、江戸末期に創業し、
明治期の一時中断を経て、大正期に再興しました。
弊社にはその時々に購入、使用した数万枚の膨大な型紙が残されています。
その型紙には、当時ならではのデザインの美しさや面白さ、それを作り出した
職人技が凝縮されており、現代の私達の目を惹き付けてやみません。
京都に残る型紙の魅力を皆様に是非ご覧いただきたく、本展を開催いたします。

◇ 三好染工HP : kyo-miyoshi.com


e0091712_925482.jpg
「地白 縞小枝つばめ」
356mm×198mm  引彫 中糸(斜め)              
画面のほとんどを地白とし、柳にも見える縦縞を、つぼみをつけた小枝をバックに変化にとんだ
形の燕が飛んでいる。燕の中も地白(地落)とし、その中に網目、斜格子に青海波、たてにとった波(滝?)、
薄(すすき)、と夏向きの柄を取り入れている。

e0091712_9273148.jpg
「小紋 唐花」 
364mm×150mm  道具彫
柄は蔓、花菱の類いを簡略化した様に見える。今回出品の型紙で在銘の中では最古の年号、
文化十年(1813年)酉霜月改 松葉屋 及び、新○○播磨屋卯之助の墨書きがある。


e0091712_928397.jpg
「地白 雀踊り」
350mm×186mm  引彫 中糸(斜め)
大きな斜めの雲取の取方の中に壺たれを入れその間に雀踊りの人物を入れた雪輪三つと
雪持ちの笹を散らしている。雀踊りのポーズは北斎漫画にも同じものが見える。





ギャラリーより)
参考情報
「Katagami Style(カタガミスタイル)
―世界が恋した日本のデザイン」展が開催
三菱一号館美術館
2012年4月6日(金)~5月27日(日) 

19世紀末から20世紀以降、西欧諸国の工芸デザインに大きな影響を
与えることになる日本の型紙は、鎌倉から室町時代にかけて使用が
始まったと考えられています。型紙を用いた染は、桃山から江戸時代に
かけては武家男子の衣服に盛んに用いられましたが、江戸時代中期以降は
町人男女の衣服にも取り入れられ、明治時代前期にかけて全盛期を迎えました。
「アーツアンドクラフツ」、「アールヌーボー」に大きな影響を与えたとして「型紙」が
再度注目されているそうです。
by gallerydojunkai | 2012-05-08 09:19 | スタッフ用